特色と取り組み
  • 救急外来
  • 専門外来のご案内
  • 緩和ケアへの取り組み
  • 人工透析
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 健診・ドック インターネット予約
  • 消化器内視鏡検査
  • 64列マルチスライスCT
  • 1.5T MRIシステム
  • チーム医療
  • 看護部
  • 地域医療連携課
  • 社会貢献活動
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
30秒で簡単応募!簡単応募フォーム設置中
  • 医師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • リハビリテーション部(PT・OT・ST)採用情報
  • 医療技術職・事務職 求人・採用案内

人工透析

特色と取り組み

CART(腹水ろ過濃縮再静注法)について

腹水ろ過濃縮再静注法(CART)とは癌や肝硬変によって溜まった腹水から濾過器と濃縮器を用いて有用なタンパク成分(アルブミンなど)を取り出し、再び体内に点滴で戻す治療です。
血液製剤としてのアルブミンは他人の血液から作られるため体内に入れるとアレルギー症状が出る場合があります。
しかしCARTでは自身の体内で生成されたタンパク成分を体内に戻すのでアレルギー症状の心配がありません。
また溜まった腹水を抜くことによってお腹の圧迫感や苦痛の軽減にも繋がります。

腹水とは

腹水とは

体内で内蔵は腹膜という膜に覆われています。
この内蔵と腹膜との隙間(腹腔)に過剰に溜まった水を腹水といいます。
腹腔内には通常少量の腹水がありますが炎症や低栄養などの原因でより多く溜まってしまった場合はお腹の圧迫感や苦痛に繋がります。

CARTによる治療方法

1. 腹水を抜く

超音波エコーにて、腹水の位置を確認します。その後、腹部に針を刺して腹水を抜きます。
腹水を抜くことによって、腹部の圧迫感や呼吸困難感、食欲が改善します。

腹水を抜く

2. ろ過濃縮

超音波エコーにて、腹水の位置を確認します。その後、腹部に針を刺して腹水を抜きます。
腹水を抜くことによって、腹部の圧迫感や呼吸困難感、食欲が改善します。

ろ過濃縮

2. ろ過濃縮

ろ過濃縮

ろ過濃縮した腹水を点滴により血液内に戻していきます。

CARTにおける合併症

濃縮した腹水を体内に戻した際に発熱をきたすことがありますが一時的なことがほとんどです。

当院でのCART施行日

当院ではCART施行前後の患者様の状態観察のため入院が必要となる場合があります。
日時等はお気軽にご相談ください。