社会医療法人 有隣会 東大阪病院(大阪市 城東区)

救急外来 夜間・日曜・祝日 対応可

診療科・部門 診療科・部門

医療安全管理室

医療安全管理室

当院では、医療従事者の個人レベルでの事故防止と、医療施設全体の組織的な事故防止対策を推し進めることにより、医療事故を無くし、患者さんが安心・安全な医療を受けられる環境を目的とし、病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み患者さんの安全を確保したうえで必要な医療を提供していきます。
医療安全管理対策推進のために、医療安全管理指針・医療安全管理マニュアルは、職員がいつでも閲覧できるようにしています。また、内容は必要に応じ見直し、改訂を行っています。 ご相談などは、医療安全管理室までご連絡下さい。

医療安全管理対策に関する基本的な考え方

医療事故を未然に防止すること、また発生しても重大事故に繋がらないようなにする ことが重要です。そのために医療安全管理対策委員会が中心となり医療事故の分析、 改善策の立案、改善確認を行っています。

医療安全管理対策のための委員会等

  1. 医療事故調査委員会
    重大な医療事故発生時に医療安全統括責任者が緊急招集される委員会であり、 事故の調査及び対策を検討しています。
  2. 医療安全管理対策委員会
    医療事故の分析、対策を検討し、医療事故の防止、事故レベルの軽減に努めています。また、医療事故の情報伝達や研修会を通して医療安全教育・啓発活動を行っています。
  3. 看護部医療安全対策委員会
    医療事故の当事者となりやすい看護師で構成された委員会です。看護部で発生した医療事故について検討し対策の実行や医療安全への啓蒙活動を行っています。

医療安全管理対策に関する職員研修

全職種対象の入職時研修を年に2回程度の実施や、全新入職員、新人看護師へ研修を行っています。また、医薬品・医療機器などについてもその都度研修を開催しています。

医療事故の発生報告

医療事故については、その事故レベルに応じて所属長を通じ、医療安全管理責任者に報告されます。医療安全管理責任者は、その事故レベルや内容により対応しています。 必要時は医療安全統括責任者が医療事故調査委員会を緊急招集し事故の調査を行います。

社会医療法人 有隣会 東大阪病院

〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1丁目7番22号

【最寄り駅】

  • JR大阪環状線・JR東西線・京阪本線・長堀鶴見緑地線「京橋駅」から徒歩15分
  • 京阪本線「野江駅」から徒歩12分
  • JRおおさか東線「JR野江駅」から徒歩13分
  • 地下鉄長堀鶴見緑地線・地下鉄今里筋線「蒲生四丁目」(1)番出口から徒歩3分
交通アクセス 詳細はこちら
お問い合わせ
はこちら