TOP > スタッフブログ > リハビリテーション部での新型コロナウイルス感染症対策

リハビリテーション部での新型コロナウイルス感染症対策
【2020-04-09】カテゴリー:POSの本音、その他

最新の記事

理学療法士Yですキラキラ


今年の大阪の桜は長持ちしてますね~桜桜


毎年リハビリスタッフは各々でお花見をしてワクワク楽しく新年度を迎えるのに・・・・・


今年は新型コロナウイルスのせいで、なんとも重々しく新年度がスタートした気がしますえーん

 

私たち東大阪病院のリハビリテーション部には70名弱のリハビリ療法士が在籍しています。そのため、昼食の時間ともなるとスタッフルームで大勢のリハビリ療法士が食事をします。


そこで、新型コロナウイルス感染症対策として、4月から食事中の会話は厳禁、お互いの距離を取り、同じ方向を向いて食事をするようにしています。
食事中はマスクを外すため、会話で飛んだウイルスが伝播する可能性があるからです。

 

 

もちろん、常時、窓を開けて換気もしてますウインク

その他にも、手洗い、こまめな手指消毒、環境整備、などなど・・・

 

たくさんの配慮を行い、安全なリハビリテーションを提供できる環境と、自分たちを守る環境 つくってますグッ

 

そして、世の中が大変な時期に、4月から入職してくれた中途入職者さんが4人おられます!


数ある病院や施設の中から当院を選んでいただき、ありがとうございます爆  笑ルンルン


研修も終え、4月6日から早速現場で頑張ってもらっています!


はっきり言って、研修ばっかりじゃつまんないもんね。

 

私たちの仕事は患者さんを相手に働くことだから。
コロナに負けず、一緒に楽しくお仕事していきましょうルンルン


※無断転載禁止
文責:理学療法士Y

 

ページTOPへ