TOP > 当院の魅力 > 院内リハビリテーション部門 3つの強み

院内リハビリテーション部門 3つの強み

各疾患における経験豊かな療法士がそろっている

各疾患における経験豊かな療法士がそろっている

認定療法士4名、セラピストマネージャー1名を中心に、10年近い経験年数を持つ療法士が若い療法士を指導する体制があります。
人数の多いリハビリテーション部門にありがちな中間層の人材不足がPT・OTにはありません。10年以上の経験者から6年前後の中間層、5年目までの若手が一定の人数そろっています。
急性期、回復期、緩和ケアとそれぞれの部門にも偏らずに配置できているところや、外部講師などで院外にも活躍している療法士が在籍していることが大きな強みです。

充実した治療環境がそろっている

充実した治療環境がそろっている

理学療法室と作業療法室合わせて327㎡の広い訓練室があります。
さらに、POPO(免荷式走行リフト)やIVES(随意運動介助型刺激装置)などの治療、超音波画像診断装置(エコー)を用いたリアルタイムでの筋評価、家事など生活動作訓練に必要な治療環境がそろっています。
これらに加えて、病院周辺には、公園、スーパーやバス停、地下鉄の駅といった退院後の生活で患者さんが利用するような環境が徒歩圏内すぐ近くにあります。
病院での生活環境と家庭での生活環境には大きな違いがあり、なるべく生活に近い環境で動作経験をしてから家庭に退院できるのが理想です。ある程度の動作が可能になると、周囲の環境を活かして、より実践的な訓練を段階づけて実施しています。地域に根差した病院ならではの大きな強みです。
法人内に在宅リハビリ部門、デイケア部門があるので、実際的な動作が不足していても、連携してのフォローアップが可能なのも強みです。

チーム医療が経験できる環境がそろっている

チーム医療が経験できる環境がそろっている

地域に根差し対象者の多くが高齢者といった当院のような病院では、治療には多面的な角度からの介入が求められます。
短い期間に効果的な結果を導くには、主に入院のきっかけとなった疾患への治療だけでなく、もともともっておられた疾患への配慮や、栄養、精神心理的ケアなど様々な角度や専門的な関わりが必須です。
医師が中心となって専門的な治療チームが立ち上げられています。

これらの環境を活かしてどれだけ成長できるか?
あなたも一緒に取り組んでみませんか。
転職・復職をお考えの方へ 運動器エコーについて
お問合せ先

電話でのお問合せ
06-6939-1160

アクセス
  • 地下鉄長堀鶴見緑地線・地下鉄今里筋線「蒲生四丁目駅」①番出口から徒歩3分
  • 京阪本線「野江駅」から徒歩12分
  • JRおおさか東線「JR野江駅」から徒歩13分
  • JR大阪環状線・JR東西線・京阪本線・長堀鶴見緑地線「京橋駅」から徒歩15分

アクセスマップはこちら

ページTOPへ