TOP > 特色・教育体制

リハビリテーション部の特色・スタッフ教育

リハビリテーション部の特色・スタッフ教育

東大阪病院 リハビリテーション部では、急性期から在宅まで地域完結型の医療サービスを提供しています。研修・教育制度が充実しており、急性期リスク管理~社会復帰に向けてのアプローチまで経験に応じたスキルアップが可能です。治療手技にこだわらず、患者さんの為に何が必要かを考え治療を行っています。

専門サポートチームへの積極的参加

専門サポートチームは、専門的な治療を必要とする患者さんに対して関わり、より質の高い治療を実践するにはいまや不可欠な存在です。院内で活動するこれら専門サポートチームへの活動に、リハビリテーション部から必要職種を派遣しています。
各種療法実施中の患者さんには、担当療法士とチームの橋渡し役となり、リハビリテーションの進捗状況を踏まえた専門的な助言を行っています。また、リハビリ職種の関与のない患者さんについても、チーム担当の療法士が専門性を活かした助言を行います。

専門サポートチーム 参加職種
PT OT ST
呼吸ケアサポート(RST)
栄養サポート(NST)
(●)
褥創
緩和ケア

スタッフ教育

スタッフ教育にも力を入れています 療法士として成長することは、患者さんへより質の高い医療の提供につながるものとして、積極的かつ継続的な教育を行っています。勉強会は、各療法月1回開催し、講師は所属する療法士が輪番で行います。病棟にも参加を呼びかけ、知識の共有を図っています。
以下に示す目標を目指して、各療法士がステップアップしています。更に、学術研究を支援したり、臨床技術を指導する仕組みがあります。

あなたの良いところを、見つけて、育てて、活かす職場です!

  • 年間を通した研修プログラムで仕事を身に付けられます。
  • 期間毎の目標や重点的に取り組む内容を設定しています。
  • 困った時も安心です。経験ある先輩療法士が相談にのってくれる制度があります。
  • 豊富な勉強会・研修制度を利用してステップアップができます。
  • 定期面談で困りごとを早期発見できるように努めています。
  • スモールステップで出来る事を増やします。
スタッフ教育にも力を入れています スタッフ教育にも力を入れています スタッフ教育にも力を入れています
ここがポイント
スタッフ教育には力を入れています。
教育制度や勉強会、カンファレンスなど
について、スタッフブログにて
詳しい説明をしていますので
ぜひコチラをご覧ください。
到達目標
LEVEL
7
その分野を代表するトッププロフェッショナルな段階
LEVEL
6
7年目以上
プロのスキルに加えて、特定の専門分野における高度な専門性を発揮できる段階
LEVEL
5
5~7年目
一人前の仕事ができる事に加え、チーム内でのリーダーシップを発揮する事が出来る段階
LEVEL
4
LEVEL
3
2~5年目以上
指示がなくても、一人前の仕事ができる段階
LEVEL
2
1年目:一定の指示のもとにある程度の仕事ができる段階(SV制度を導入)
LEVEL
1
エントリーレベル:試用期間(3か月)

東大阪病院療法士の1日

8:30 始業・リハビリテーション部 朝礼
朝礼後は当日の訓練時間を患者さんに伝えたり情報収集をします。
9:00 訓練・カルテ記入・療法士間の情報交換
12:30 休憩
スタッフルームや食堂で過ごします。
13:30 カンファレンス・訓練
訓練後やすき間時間にカルテを記入したり、申し送りなど、関連書類を作成します。担当者同士の情報交換も行います。
17:00 終業
症例発表や科別勉強会は終業後に行います。科別勉強会の講師を各療法士が年1~2回担当します。聴講は自由としています。
▲1日6~8人前後の患者さんの訓練をします
▲1日6~8人前後の患者さんの訓練をします
▲新しい治療機器の導入に力を入れています
▲新しい治療機器の導入に力を入れています
▲学会発表にも積極的にチャレンジ
▲学会発表にも積極的にチャレンジ
30秒で簡単応募!求人応募フォーム病院見学会実施中!詳しくはこちら
外来診療時間

午前診(月~金)
8:30~12:00

休診日

日曜日、祝日
年末年始、夏季休暇

お問合せ先

電話でのお問合せ
06-6939-1160
(人事課直通)

アクセス
  • JR大阪環状線・JR東西線・京阪本線・長堀鶴見緑地線「京橋駅」から徒歩15分
  • 京阪本線「野江駅」から徒歩12分
  • JRおおさか東線「JR野江駅」から徒歩13分
  • 地下鉄長堀鶴見緑地線・地下鉄今里筋線「蒲生四丁目」(1)番出口から徒歩3分

アクセスマップはこちら

ページTOPへ