救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
30秒で簡単応募!簡単応募フォーム設置中
  • 医師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • リハビリテーション部(PT・OT・ST)採用情報
  • 医療技術職・事務職 求人・採用案内

東大阪病院 救急外来のご案内

ご来院の皆様へ

大腿骨骨折(だいたいこつこっせつ)について

Q. 骨折を予防するには、どのようなことに注意すればよいですか?

若い人が骨折するとすれば、高い所からの転落、交通事故、ラグビーなど激しい運動などで外部から激しい衝撃があった場合です。
しかし、高齢者、特に閉経した女性の高齢者では骨粗鬆症(こつそしょうしょう)にかかっている場合が多く、すこし転んだ程度でも骨折することがあります。
日ごろからの運動習慣や、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療を行うことにより、予防することができます。
最近では、骨吸収の抑制に効果がある治療薬が出てきていますので、これらの薬を服用することをお勧めします。まずは、整形外科医師にご相談ください。 

▼骨粗鬆症の検査・治療のご相談はこちら
骨粗鬆症の検査・治療のご相談はこちら

Q. 生活上では骨折しないためにどのようなことに注意すれば いいですか?

生活上では骨折しないためにどのようなことに注意すれば いいですか?

大腿骨骨折は、転倒や転落などのほかに、骨粗鬆症が進んでいる方などの場合は、少し脚をひねったり、歩行中に何かに脚をひっかけたりというだけでも起こります。
実例として、夜にトイレに行く際、ふとんの端やトイレの段差に引っかかって転倒するとか、ズボンを脱ぐ・はく時にバランスを崩し転倒するなども見られます。
転倒に結びつくものを排除する、立って行うのではなく座って行えるように家具の配置を考えるなどの対応をとるのも方法です。
つまずくことや滑ることを避けるために、段差のある所は明るくし、つまずきのもとになる電気コードや新聞紙、座布団などを床に置かないようにするのも有効です。

大腿骨骨折(だいたいこつこっせつ)について