診療科のご案内
  • 総合内科
  • 緩和内科
  • 呼吸器内科 呼吸器腫瘍内科
  • 循環器内科
  •  消化器内科
  • 内分泌・糖尿病内科
  • 腎臓内科(透析)
  • 一般・消化器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション部
  • 皮膚科
  • 放射線科
  • 麻酔科
専門外来のご案内
  • 緩和ケア病棟面談
  • 膝関節・股関節 専門外来
  • 外来化学療法
  • 糖尿病フットケア外来
  • 腎不全外来
  • リウマチ・骨粗鬆症外来
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
30秒で簡単応募!簡単応募フォーム設置中
  • 医師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • 医療技術職・事務職 求人・採用案内

Q&A

Q&A
■ 胃カメラ (胃内視鏡) (上部消化管内視鏡検査) Q&A
■ 大腸内視鏡検査 Q&A

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)とはどのような検査ですか?

先端部外径は5.4㎜、柔軟性のある電子スコープを用いて検査します。スコープの先端にはカメラが装着されており、モニタテレビに食 道・胃・十二指腸の内部を写し出して直接観察し診断する検査です。異常所見を疑った場合などには、精密検査を追加する場合もあります。

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)はどのくらい時間がかかりますか?

通常、前処置に20~30分程度、検査自体は10分程度の時間を要します。

  内視鏡検査で病気が感染しませんか?

その心配はありません。当院は、ガイドラインを遵守し1症例毎十分な洗浄の後消毒を行ない、次の検査に使用しています。十分な内視鏡の本数と、洗浄機をそろえ検査に対応しております。検査に使用される 処置具(組織を摘み取ったり、ポリープを切除するときに使用する機具)に関しても、ディスポーザブル(使い捨て)製品や、高圧蒸気滅菌したものを使用して おります。安心して検査をお受け下さい。

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)は痛くありませんか?

痛いというより、のどの奥にカメラが触れると反射により吐き気や嘔吐(おうと)といった苦痛が生じることがあります。胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)ではのどを麻酔することによって反射をおさえて苦痛をやわらげます。しかし、それでもなお苦痛を感じることも少なくありません。このような場合に鎮静剤などを注射することにより意識を低下させて緊張をやわらげ、苦痛を軽くします。多くは呼びかけに反応する程度の量を注射して検査を行います。血圧が下がったり、呼吸が弱くなることがありますので、検査中と検査後も意識がはっきりするまではモニターをつけて監視します。検査が終了しても薬が効いているためしばらく休んでいただきます。これらの薬を使用する場合には検査当日に自動車やバイク、自転車の運転を控えていただきます。

<鎮静剤の良い点と悪い点>

良い点 悪い点
• 意識がぼんやりした状態になる
• 検査の不安やストレスがやわらぐ
• 検査による苦痛や不快感がやわらぐ
• 苦痛や不快感が軽減されるため
次回も検査を受けても良いと思えるようになる
• 意識がなくなることがある
• 血圧が下がることがある
• 呼吸が弱くなることがある
• 検査後しばらく休む必要がある
• 検査当日の運転を控える必要がある

  検査の後、車の運転は出来ますか?

胃カメラ検査はカラダに侵襲を与えますので検査当日の運転は控えていただいています。
特に、鎮静剤を使用した場合は、検査当日に自分で運転をするような乗り物(自動車、バイク、自転車等)に乗ることは出来ませんのでご注意下さい。

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)を楽に受けるコツはありますか?

肩と首の力をいれずにリラックスすることです。

  1. そのためには、呼吸をゆっくり行ないます。鼻から息を吸い(鼻が詰まっているときは口でも可)口から吐きます。息を吐くときに指先までを抜くような気持ちで繰り返してください。
  2. 内視鏡の喉の違和感(あたっているような感じ)は、麻酔をしても完全にとれません。喉に溜まった唾液を飲みこむと、麻酔の効果でむせやすくなっています。唾液は口の外に流し出すようにすると、喉の違和感も軽減します。
  3. 検査のモニター画面がご覧になれますので、目を空けてモニターをご覧下さい。医師が適宜説明をしてくれます。喉の違和感に気持ちが集中せず、少し楽に受けることができます。

  検査が楽に受けられる注射を希望したいのですが。

前回の検査が喉の反射が強くとても苦しかった方などは医師に勧められたり、ご希望される方がいます。
この注射は、血圧低下、血管痛、血管炎、呼 吸抑制、ふらつき、眠気、注意力・集中力低下、運動反射能力低下が起こることがあります。この注射を使用した場合30分~1時間お休みいただき血圧、ふ らつき、覚醒状態(会話がきちんとできるかなど)を確認してからお帰りいただきます。
当日は、車の運転や飲酒は危険ですので絶対なさらないようにしてください。ご希望される方は、安全確保のため付き添いの方といっしょの来院をお勧めします。

  経鼻内視鏡(鼻から挿入する内視鏡)があると聞きましたが?

以前、胃カメラで苦しい思いをされた方にお勧めします。
本数を十分にそろえていますので、ご希望される方はお気軽にお申し付け下さい。

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)の流れについて教えて下さい。

詳しくは「痛くない 胃カメラ・消化器内視鏡検査 」ページでご確認ください。

  胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)の後はどれくらいで食事ができますか?

検査終了後30分~2時間ぐらいすると、喉の麻酔の効果が消退してきます。水を飲んでむせたりしなければ、食事を召し上がってください。組織を取った場合は、刺激の少ない消化の良いものを召し上がるようにして下さい。

  費用はどのくらいかかりますか?

胃カメラ(胃内視鏡)(上部消化管内視鏡検査)だけであれば、6,000円くらい。
切除すると10,000円~20,000円くらいです。

  大腸内視鏡検査とはどのような検査ですか?

特殊な下剤(腸管洗浄剤)を飲み大腸をからにし、大腸内視鏡を肛門から挿入して大腸を観察する検査です。大腸がんや大腸ポリープ、大腸の炎症の病気などが診断できます。またポリープなどをその場で切除することも可能です。

  大腸内視鏡検査は痛くありませんか?

大多数の方は痛みはありません。大腸にねじれや癒着(手術、炎症性の疾患による)があると痛みを感じます。
その様な症状がある場合は、遠慮なく医師にお伝え下さい。

強い痛みが持続するのは、予定通りに内視鏡が挿入されていない場合もあるため、患者さんの情報は大切になります。一部大きく腸が曲がっている部分を 通過する場合などは体位を変えるなど御協力頂く場合もあります。検査中は、大腸の中に空気を送り腸を膨らませて観察をしますので、少しおなかが張ったような感じがします。

腸の動きを止める注射をしている場合は、ガスを出しにくいかもしれませんがガス(空気)は遠慮なく出してください。また、検査用シーツ、パンツ など汚れても良いように使い捨てのものを使用しております。医師が、適宜説明 をしますのでご安心下さい。

  検査の予約は必要ですか?

当院では検査の予約が必要です。
→ご予約はこちらから

  大腸検査をする前に注意することはありますか?

前日は消化のよいものを食べていただきます。
水分は検査当日も適度にとっていただいて結構です。
常用薬のある方は、「おくすり手帳」をお持ちください。
血液をさらさらにする薬を内服している方、糖尿病の方などは、あらかじめ当院やかかりつけの病院にお問い合わせください。

  内視鏡検査の前に食べて良いもの、避けたほうがよいものを教えてください。

水分は検査当日も適度にとっていただいて結構です。以下に目安を示しますが、前日に食べる検査食も販売しておりますので、不安な方はあらかじめ購入して下さい。

<前日に食べてよいもの>

  • うどん、そば(消化の悪い具はさける)
  • たまご、とうふ、あげ、カマボコ、ハンペン
  • ごはん(おかゆにする必要はありません)
  • 食パン、バター、チーズ、ヨーグルト

<前日は避けてほしいもの>

  • 野菜全般(なす、トマト、はくさい、タマネギなど)
  • くだもの全般(特に種のはいっているもの、キウイフルーツ、メロンなど)
  • 海藻類(わかめ、ひじき)
  • きのこ類
  • こんにゃく
  • 雑穀(玄米、雑穀米)

  大腸検査をする前に受診する必要はありますか?

予約のために来院していただき、内視鏡検査について説明させていただきます。

 

  大腸検査はどのくらい時間がかかりますか?

特殊な下剤(腸管洗浄剤)を飲んで大腸をからっぽにするのに、おおよそ2~3時間かかります。検査自体は15分程度で終わります(個人差があります)。

  大腸内視鏡検査の前に行う前処置とはどのような方法ですか?

当日検査4時間前より、1.0~2.0リットルの腸管洗浄液を服用していただきます。量が多いですが、これにより腸内がきれいになり、観察しやすい状態となります。 大量の腸管洗浄液の服用が難しい方は、他の方法もございます。ご相談ください。

  内視鏡検査で病気が感染しませんか?

その心配はありません。当院は、ガイドラインを遵守し1症例毎十分な洗浄の後消毒を行ない、次の検査に使用しています。十分な内視鏡の本数と、洗浄機をそろえ検査に対応しております。検査に使用される処置具(組織を摘み取ったり、ポリープを切除するときに使用する機具)に関しても、ディスポーザブル(使い捨て)製品や、高圧蒸気滅菌したものを使用して おります。安心して検査をお受け下さい。

  大腸のポリープを取った後は、すぐに帰宅できますか?

ポリープを切除後は、出血予防のため入院していただきます。

  大腸ポリープについて教えてください。

粘膜面上の隆起性病変を総称してポリープといいます。
①腫瘍性ポリープ ②非腫瘍性ポリープ ③過誤腫性ポリープ ④粘膜下腫瘍 などに分類されます。
ほとんどが無症状で検査で偶然見つかる場合が多いですので、積極的に検査を受けてください。

  大腸ポリープを切除する時に痛みはありませんか?

大腸の粘膜には神経がないため、切除のときに痛みを感じません。

  大腸検査の流れについて教えて下さい。

詳しくは「痛くない 胃カメラ・消化器内視鏡検査 」ページでご確認ください。

  大腸検査の後はどれくらいで食事ができますか?

検査後すぐに食事は可能です。おなかの様子を見ながら消化の良いものから召し上がってください。組織採取した方は、当日はお酒を飲まないで下さい。

  費用はどのくらいかかりますか?

大腸内視鏡検査だけであれば、6,000円くらい。ポリープを切除すると20,000円~30,000円くらいです。