救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
回復期リハビリテーション病棟
2013/10/31
  入院から退院までの流れ

入 院 : 入院一日目からリハビリテーションが始まります!

療法士が入院初日から練習を実施させて頂きます。

①患者様の担当療法士を決定(退院までしっかりサポートさせて頂きます)
②病前の生活を御本人やご家族様にうかがった上で、体や生活の状況をPT・OT・ST
で 評価します。リハビリ以外の時間も生活の中でできることを最大限に生かせる生活
環境を設定しています。また、チームで退院に向けた目標を設定します。

例えば、時間帯にあわせた移動方法を提案!
夜間以外は安全に歩ける方であれば、
朝から夕方は・・・1人で移動
夜は・・・・・・・・・・スタッフが付き添って移動
必要であれば、ポータブルトイレを置くなど

オンリーワンの環境設定をします!!

point1 : 365日リハビリテーションを実施
スタッフ数が多いため毎日2~3時間のリハビリテーションを受けられます。

point2 : 他院との連携が充実しています。入院中であっても、専門医のいる病院が
受診できます。

~退院に向けた練習、調整が始まります!~

・家屋評価
自宅で安全に過ごせるよう、担当療法士がご自宅に伺って、よりよい環境設定や自宅内での動作を評価させていただきます。

・外出・外泊訓練 :
退院前に外出・外泊することによって出来る事を確認し、退院への自信をつけ
ます。また、自宅での問題点を把握し、リハビリテーション練習をして不安なく
自宅に帰っていただけるようにします。

・買い物・調理訓練
自宅で料理することに不安のある患者様では、リハビリテーション練習の
一環として、作業療法室にあるキッチンを使って、実際に料理を作る練習を
します。

・VF(飲み込みの検査)
飲み込みに不安のある患者様であれば、飲み込みの検査(VF)により
安心・安全に食べられる食事の形・量・食べる時の姿勢を決定することができ
ます。

家族カンファレンスの様子・月1回の退院に向けた話し合い
ご家族様・ご本人様・病院スタッフ(医師・看護師・担当療法士・社会福祉士
など)で、最善のリハビリテーションができるように話し合います。

・退院後の生活にあわせた環境づくり
ご家族様へむけた介助方法やご本人様の自主訓練メニューも提案します。

退 院: 退院おめでとうございます!

退院後も、訪問・外来にて必要に応じ、介入継続できます。

当院の法人内にも訪問リハビリテーション・外来・デイケアがあるので退院後もサポートできます。