TOP > スタッフブログ > 言語聴覚士(ST)と管理栄養士(栄養課)との連携強化

言語聴覚士(ST)と管理栄養士(栄養課)との連携強化
【2021-12-23】カテゴリー:STの仕事、チーム医療でできたこと

今回のテーマは
「言語聴覚士(ST)と管理栄養士(栄養課)との連携強化」です。


前回のブログでは、「言語聴覚士(ST)がNST(栄養サポートチーム)に参加して」と題して報告しました。


実はその段階から少しずつですが、言語聴覚士(ST)と管理栄養士(栄養課)との関係に変化がありました。




ある日のこと…


栄養課の課長さんから、ひとりのSTさんに対して、
「NST(Nutrition Support Team, 栄養サポートチーム)の窓口になって欲しい」と
“超熱烈ラブコール”がありました(笑)


 (超熱烈ラブコール イメージ図?)


善は急げ!! とばかりに
早速、“超熱烈ラブコールを受けた言語聴覚士(ST)さん”へ
栄養課課長さんと私の意向を併せてお伝えしたところ・・・
“ある条件”付きで承諾を頂きました。


忙しい中にもかかわらず、快く引き受けてくれたことに感謝です!!

(○○ST 本当にありがとうございます <m(__)m>)


ちなみに、ある条件とは…


「次年度では必ず、必ず世代交代(後任者を選出)する」 というもの。


「若手言語聴覚士(若手ST)には沢山のことを経験させてあげたい・しなければならない」との思いをもっておられたからですね。


若手言語聴覚士(若手ST)がさらに成長するポイントとしては、とても大事な視点です!!



【窓口就任後に実際に取り組んだ事例】


①食材の工夫
嚥下食3の肉団子・大根が非常に硬い ⇒ 薄くスライスした形状で提供してみる
 12/16と12/20の2回で評価、STの意見を集約して栄養課と再検討する




   (イメージ図)



②NSTとの連携
NST参加者間で各自が感じた「課題」「感想」などを意見集約し、NSTへ報告する



(NST委員会 イメージ図)




言語聴覚士(ST)チームが一丸となって、日々の“業務改善”や“他職種間連携”により、
“自分たちがより活躍できる環境作り”・“やりがい作り”に貢献してくれています!!


心強くて、たくましい言語聴覚士(ST)さんばかり!!
ホントに感謝感謝です♪

では、今回はここまで~!!


最後に、
オミクロン株の猛威が怖い今日この頃…
引き続き、「手洗い」「換気」「3密を避ける」など、感染症対策を徹底していきましょう!!



※無断転載禁止
文責:理学療法士Y


STの仕事に関するブログは コチラ



転職・復職をお考えの方へ
PT・OT・ST別6つのステップアップをご紹介します
転職・復職をお考えの方へ(理学療法士(ST))
ページTOPへ