TOP > スタッフブログ > 療法士のキャリアプラン

療法士のキャリアプラン
2018-12-26/カテゴリー:その他

 

こんにちは、作業療法士Yですニコニコ
今年最後のテーマは

「療法士のキャリアプラン」 です。

 

11月に、日本作業療法士協会主催の、認定作業療法士取得研修「研究法④」で講師をさせていただきました。北は北海道、南は沖縄まで40名近い作業療法士の方が集まり、研究のススメ方などの基礎や研究計画書作成をご一緒しました。
みなさん、認定作業療法士を目指しておられるということで、


 「どうしてこういう結果になるのか?」


 「こんな方法の方が患者さんを良くするのではないか?」


 「○○にはどういった原因があるのか?」


などなど、熱い思いの方ばかりでした。

 

療法士のキャリアプラン
例えば当院では経験が進むにつれて、


 ・さまざまな疾患が担当できるようになる

 

 ・病棟が違っても対応できる


 ・得意分野が後輩に教えられる


 ・チームをまとめて、治療環境を整える取り組みを行える


 ・部署を超えてのシステムを整える  などなど


いち療法士を超えての経験を積むことができるのですが、もっと先、50歳や60歳になった時にどうなっていたいか?

 

     

 

世の中の療法士はどう考えているのか?

 

今回参加の方に少し聞いてみました。


はたして、その年代まで療法士として働けるのか?


若い療法士が増えてるとしたら、その方よりも必要とされる何かがあるか?


自分自身では考えていなかったけど、職場の先輩から「その先を考えて今を過ごさないといけないよ!」っと教えてもらい、他の療法士との違いをつくることの1つとして「認定」取得に取り組んでいる方がほとんどでした。 
療法士としてどうしていきたいかによっても、この先は変わると思いますので、リハビリテーション部としても、療法士の数十年後につながるように、教育の仕組みを考えていきたいと思います。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。 

 

文責:作業療法士Y 
*無断転載禁止

 


 

 

 

ページTOPへ