TOP > スタッフブログ > せん妄勉強会 ~せん妄のスクリーニングツールCAM日本語版~ 言語聴覚士部内カンファレンスにて

せん妄勉強会 ~せん妄のスクリーニングツールCAM日本語版~ 言語聴覚士部内カンファレンスにて
【2020-12-24】カテゴリー:STの仕事、チーム医療でできたこと、リハビリ部 部長より

最新の記事

東大阪病院リハビリテーション部部長 作業療法士の椎木ですニコニコ

 

さて、今日は先日開催した 『せん妄についての勉強会』 の様子をご紹介致します。

 

 

せん妄とは?

 もともとある病気や薬の影響など、何らかの理由で、一時的に意識障害や認知機能の低下が起こる状態。

 

 

先日行った言語聴覚士部門の部内カンファレンスで、リハビリ医の先生にせん妄に関する勉強会をしていただきました。


入院患者さんでよく経験する「せん妄」ですが、認知症なの??せん妄なの?? と判断つかなかったり、せん妄だとした場合、じゃあどうすればいいの???と曖昧な部分も実はあったりする方も多いのではないでしょうか。

 

勉強会では、


 せん妄とはどんな状態か?

 

 せん妄を引き起こす3因子について

 

 せん妄を改善する方法

 

 せん妄と類似疾患の鑑別

 

 スクリーニングツールCAMについて など


簡単にわかりやすく教えていただきました。


かかった時間は・・・

 

 

 

 

たったの10分です! 

 

 

 

 

自分の臨床での経験では、活発なタイプのせん妄状態だと、せん妄だなっと判断できますが、低活動性のせん妄の時は、判断にまようことがあります。
スクリーニングテストCAMを早速術後の方に使ってみましたが、とてもわかりやすかったです。

 


(資料の一部、文献もついてます)

 

先生からは、元々看護師さん向けの勉強会用に作られた資料と伺いましたが、言語聴覚士(ST)も知っていたら役に立つんじゃないかな?と部内カンファレンスを行うタイミングで、勉強会も同時に開催することにしました。先生、お忙しい中ご協力ありがとうございましたニコニコ

 

自分では積極的に収集しない情報も、いろんな形で手に入るのは、恵まれているなと思います。


そして、インプットがあればアウトプットグッ


知識は、使ってこそナンボ!ですね。


実践あるのみ! 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

*文責:作業療法士 椎木洋子 
*無断転載禁止

ページTOPへ