TOP > スタッフブログ > MTDLP(生活行為向上マネジメント)研修

MTDLP(生活行為向上マネジメント)研修
【2019-09-07】カテゴリー:OTの仕事

みなさま、こんにちはニコニコ

管理職ブログチーム 作業療法士Sです。


まだまだ残暑が厳しいですが、体調など崩されていませんか? 

 

今日は作業療法部門のお話しです。

 
先日、作業療法士の必須ツール、

MTDLP(生活行為向上マネジメント)についての勉強会を開催しました。 


作業療法士協会が、「30㎝のものさし」として開発した作業療法士の頭の中が分かる情報共有の為のツールです。


このMTDLP(生活行為向上マネジメント)は、新人でもベテラン療法士と同じような治療計画が立てられて、情報が伝えやすいとされるものです。 
 


勉強会の内容は、

 

 ・MTDLP(生活行為向上マネジメント)の開発についての話

 

 ・なぜ必要なのか?

 

 ・使用するツールについて


 ・実践

 

 ・MTDLPを使った介入事例の報告

 

と盛りだくさんの2時間でした。

 

聞いて、大切なのはわかっていても、使いこなすまでに一つのハードルがあると感じます。 

 

 


「わかる」が


「出来る」になるには、


 まず「やってみる」が必要!

 

 


ということで、今回の勉強会には宿題があり、
担当している患者さんの「できたらいいな」と患者さんが考えてる活動と、その遂行度と満足度を持ち寄って勉強会はスタート。
実践のところで、実際のシートにまとめる作業とプレゼンを各自が行いました。 

 

このツールのすごいところは、いっぱいありますが…


あげるとすると

 


 機能訓練ばかりに偏らずに、実際動作や環境調整の部分も網羅できているかチェックできる

 


 訓練以外の場面やご本人も含めたOT以外の人でどうやって目標達成するか計画が立てられる

 


 そのまま、提案書や申し送りとして活用できる
 


参加した療法士は、みんな練習のプレゼンでしっかり報告できていました。 
実際の臨床場面でも使えるようになるには、やってみるのみ! 
早く作れたり、考えがまとめられるようになるために頑張ります。 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

*無断転載禁止
文責:作業療法士S

 

 

 

 

 

ページTOPへ