診療技術部
  • リハビリテーション部
  • 放射線課
  • 栄養科
  • 検査科
  • 薬剤科
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
30秒で簡単応募!簡単応募フォーム設置中
  • 医師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • リハビリテーション部(PT・OT・ST)採用情報
  • 医療技術職・事務職 求人・採用案内
放射線課
診療技術部
  放射線課のご紹介

~患者さんが頼れる放射線技師をめざして~

<方針>

技師としての質向上を図る。

<目標>

①各種学会に積極的に参加し、伝達を行う。

②患者さんの待ち時間短縮を意識し、声掛けを行う。

  最新の医療機器を完備

64列マルチスライスCT

1.5T MRIシステム

64列マルチスライスCT、1.5T MRIシステム、DRと早期発見・早期治療に貢献できる検査環境を整えています。私たち、放射線技師の仕事は創造力が大切です。患者さんの症状に合わせた撮影、医師のニーズに合わせた撮影を行うには、常に頭を柔らかくして、創造性を働かせて検査を行う必要があります。

64列マルチスライスCTの詳しい情報はこちら

1.5T MRIシステムの詳しい情報はこちら

  チーム医療の実践

医師との連携! コミュニケーション!

『縁の下の力持ち』というのが私たち放射線技師です。人間の目に見えない部分を、様々な機械を駆使して見える化する。それこそが私たちの使命です。ただ、その大前提にあるのがチームだと思います。医師との協力はもちろんのこと、看護師、リハビリセラピストなど多職種との連携が患者さんにとってよりよい医療を提供する最善の方法であると考えています。

 

 

  患者さんに安心、職員にやりがい

私たちの職場は、アットホームな職場だと思います。一年に二回、「スマイル賞」や「敢闘賞」など、職員同士を表彰する制度があり、お互いを認め合える環境づくりをすることで、モチベーションも各段に高まり、全職員がのびのびと働ける環境があります。毎月、全員集合という集まりを設け、患者さんから頂戴したご意見について全職員で共有するなど、風通しの良い職場環境づくりに努めています。

   

  放射線技師の仕事

当院は地域における急性期中核病院、二次救急医療機関として、病診連携(紹介率30%以上)、病病連携を積極的に図っています。仕事内容としては、内科・外科・整形外科にかかわる検査、透析施設もあるため透析患者さん特有の疾患に対する検査など多種多様な患者さんの検査を担当していただきます。