TOP > スタッフブログ > 新人療法士 技術研修会 ~開始の季節です~

新人療法士 技術研修会 ~開始の季節です~
【2021-05-27】カテゴリー:PTの仕事、OTの仕事、STの仕事、その他

管理職ブログチーム 理学療法士 Y です。

まだまだ変異種ウィルスが猛威を振るっている中、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
気を緩ませず、「手洗い」「換気」「3密を避ける」など、コロナ対策を徹底していきましょう!!

 

さて、今回のテーマは

 「新人療法士 技術研修会 ~開始の季節です~」

と題して。

 

 

この研修会の開催目的は、

新人療法士を対象に、

自分の専門職以外の仕事や役割・視点について学び、自身の身体で体験してもらう

いわゆる「体験型研修会」です。

 


リハビリテーション専門職を目指す学生の方、そして、すでにライセンスを取得した理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方々も、もしかして覚えがあるはず。
各養成校では「障がい者体験」という目的の授業があったのではないでしょうか?


この障がい者体験という授業では、障がいを有す患者さんの疑似体験 = 不自由な身体とその時の気持ちを体験する ことです。


この研修を通じて患者さんの気持ちの理解、また、他職種の役割を再確認することで、

チーム医療のメンバー臨床家としての心構えも養ってもらいます。

 

さて、研修内容としては大きく4つ。


「理学療法・作業療法・言語聴覚療法の違い」


「患者さんへの触り方と安全な介助方法:基本動作編」


「ポジショニング」


「様々な形態の嚥下体験」

 

今回は「患者さんへの触り方と安全な介助方法:基本動作編」を実施しました。
セラピストが患者さんの身体に触れる、その触り方ひとつで、
「安心してもらえる」「不快な気持ちなる」ことを体験してもらいました。


(下の写真は実際の研修会の様子です)

 

 

 

当院リハビリ部門は、管理職だけでなく各部門のリーダーセラピストや業務指導者が一丸となって、新人療法士の皆さんが安心して患者さんのリハビリテーションに従事できるように支援しています。

では、今回はここまで~!!
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

※無断転載禁止
文責:理学療法士Y

ページTOPへ