TOP > スタッフブログ > 当院リハビリテーション部への就職を希望する方へ

当院リハビリテーション部への就職を希望する方へ
【2019-10-31】カテゴリー:その他

企画部のAです。

 

今日は人材紹介ビジネスについて書きたいと思います。

 

リハビリテーション業界でも、人材紹介会社を通しての転職が非常に増えています。

 

ひと昔前までは、看護師の転職と言えば人材紹介会社を通してというのが当たり前になっていましたが、最近は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の転職も人材紹介会社を使う人が非常に多いです

 

では、なぜ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士も人材紹介会社を利用した転職を行うようになったのか?勝手に考えてみました。

 

・Yahoo!やGoogleの検索エンジンで「作業療法士 求人 大阪」や「作業療法士 転職 大阪」で検索すると表示されるページの8割は民間企業が運営する人材紹介会社か求人検索サイトが表示される。

 

・ハローワークや大阪府作業療法士会に掲載されている求人内容よりも民間企業の運営する求人検索サイトの方が内容が充実している。

 

・求職者は人材紹介会社に登録さえすれば、何もしなくてもキャリアアドバイザーが転職先候補の情報を収集し、説明、応募してくれる。面接日の調整や病院との連絡を代行してもらえるなど、とにかく便利!

 

・CMでも話題の『indeed』、Googleの新機能『Googleしごと検索』に表示される求人情報も人材紹介会社が扱っているものが多数表示される。

 

以上のようにパッと考えただけで、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が人材紹介会社を利用するようになった理由は何個でも思いつきます。

 

今の日本の就職、転職事情を考えると、人材紹介会社を使うことは当たり前になっていると言っても過言ではありません。

 

それは数字にもあらわれています。

 

人材業界の市場規模は日本を支えてきたものづくりである、電子部品・デバイス業界より大きくなっています。その額9兆円程度です。

 

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の紹介手数料がどれくらいなのかは調べ切れていませんが、看護師採用に関する紹介手数料は、厚生労働省によると年々増加し、2014年度は308億円、2015年度は339億円、2016年度は362億円にも達しているそうです。

 

人材紹介会社のビジネスモデルは、

 

求職者・転職者からはお金をもらわず、求人者(病院や企業)から紹介手数料をもらうというものです。その額は、求職者・転職者の年収の20%~30%です。年収400万円であれば、人材紹介手数料は80万円~120万円。業者によっては、そこから転職祝い金という名目で、求職者・転職者に10万円~30万円をプレゼントする場合もあります。

 

この状況・・・・・・・・

 

誰が喜んでいるのでしょうか?

 

 

間違いなく人材紹介会社です。ただ、人材紹介会社も同業他社が増え続けているため登録者獲得に多額の広告・宣伝費が必要とのこと。人材紹介会社として生き残っていくのも至難の業という事情も分かります。続いて、求職者・転職者も自分が仕事をしている時も就職活動をしてくれる代理人ができて便利になって万々歳。その上、転職お祝い金までもらえれば最高です!

 

ここで私の考えをお伝えします。

すべての求職者・転職者が万々歳にはならないということです。

 

人材紹介会社を利用するメリットとしてよく言われるのが次の通りです。そのメリットに対する当院の対応についてもあわせて記載いたします。

 

1 登録・相談ともに無料で対応してくれる。

  →求人側から十分な紹介手数料をもらえるため。

 

 

2 スキル・キャリア・適性などを総合的に考慮し、最適な企業を紹介し、応募者に代わって、求人側へPRしてくれるので、書類通過率が高い。

  →当院の場合ですが、わざわざ求職者のPRをしてこられる人材紹介会社はありません。メールやFAXで求職者の条件だけを送ってこられます。その条件から当院の採用担当者が面接したいかどうかを判断しています。むしろ、一般応募の応募者と能力の差がない場合は、手数料のかからない一般応募の応募者を優先して採用しています。

 

 

3 応募する病院の詳細な情報が事前に分かる。

  →当院のリハビリテーション部の場合はブログを見て頂ければすべてを分かっていただけると思います。ブログはこちら 。病院見学会も求職者のご都合になるべく合わせて臨機応変に対応しています。
 

 

4 一般では募集されていない求人情報が手に入る。
  →当院に限ってはそのようなことはありません。

 


5 年収など、入社前に求人病院と条件交渉をしてもらえる。
  →入職前に条件交渉をしてこられるキャリアアドバイザーは皆無に等しいです。

 

以上です。メリットもありますが、ほどほどではないでしょうか?

 

 ちなみに求人病院・企業から人材紹介会社に支払う紹介手数料は契約によってまちまちです。キャリアアドバイザーも営業職です。毎月のノルマがあり、同じ年収400万円の人材なら、紹介手数料が少しでも高い病院へ紹介する方がお得です。ですので、求職者もキャリアアドバイザーに任せっきり、信頼し過ぎとならないように気をつけて下さい。信じたことで、足元をすくわれることもあるわけです。それも人生の・・・・・

 加えて、求人病院・企業も人が欲しいからと言って、どの人材紹介会社とも契約しているわけではありません。当院の場合は、今までの実績や営業担当者の対応を見て契約する人材紹介会社を決めています。ということは、あなたが就職したい病院や企業の求人を、今あなたが登録している人材紹介会社が扱っていなかったとしても、あきらめないで欲しいです。新しい人材紹介会社に登録したり、自らその病院・企業に問合せしてみてください。実は、『募集している』という展開もありますので(^◇^)

 

求職者のみなさんは、例えば、A病院、B病院、C病院のうちどれか?という選択になった時は、しっかりとキャリアアドバイザーの意見を聞いて下さい。詳しく、詳しく聞いて下さい!そして、自分でも出来る限り調べて下さい。

言いなりはダメです!

転職を繰り返し、自分の履歴書を汚すことはしないようにして下さい。どこまで行っても、キャリアアドバイザーやコーディネーターは他人ですから。

 

ここで忘れてはいけないのが、すべてのキャリアアドバイザーやコーディネーターが悪い人で信用するなと言っているわけではありませんので、誤解はしないで下さいグッ

 

ご存知だと思いますが、人材紹介会社を通して入職された場合は、入職後三ヶ月以内に求職者が退職すると紹介手数料の返金が発生します。そのため人材紹介会社は最初の三ヶ月は手厚くフォローしてくれます。言い換えれば、4ヶ月目からは熱が冷めたように連絡がなくなったりする場合がありますえーん悲しいですが、現実にあります!

 

最後に、当院リハビリテーション部では人材紹介会社を通しての採用を積極的には行いません。ですので、当院リハビリテーション部への就職を希望される方は、なるべく一般応募でお願いします。

 

ただ、上記内容を読んでいただいても人材紹介会社を通して応募したいという方は、気にせずご応募お待ちしております。応募経路によって、合否や採用条件に差がでることはありませんので。タイミング悪く、一般応募と重なり、能力に差が無いという場合はご了承下さいませ。

 

紹介会社のキャリアアドバイザーのみなさんもこのブログに臆することなくご紹介をお待ちしております。

このブログを読んで紹介数が減るということは無いと信じたいですニコニコ

 

働き手が年々少なくなる我らが日本!

良い人材を如何に採用するかは病院・企業の存続に直結します。

 

今後も採用活動には創意工夫が求められます。

 

求職者の方々に伝わる方法で、求職者の方々が知りたい情報を発信できるように努めていきますウインク

 

人材紹介会社のみなさんも、今後ともどうぞよろしくお願い致しますウインク

ページTOPへ