救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内

リウマチ・骨粗鬆症 外来

診療科のご案内

  リウマチ・骨粗鬆症外来とは?(リウマチ・骨粗鬆症 外来)

リウマチとは?

リウマチとは膝や手、腰など運動器に痛みが起きる病気の総称です。急激に関節が破壊される“関節リウマチ”が特徴的です。年齢に従って膝関節が傷んで水がたまったりする「変形性膝関節症」や腰や脚が痛くなる「腰部脊柱管狭窄症」も広い意味でリウマチ性疾患と言っても良いでしょう。

骨粗鬆症とは?

2階から落ちたり、車にはねられたりして大きな力がかかることなく、日常生活の中で転んだり捻ったりすることで骨が折れやすくなる状態が骨粗鬆症です。女性が閉経後になる場合が多いですが、それ以外でも起こります。骨が折れると痛いだけでなく、生命が短くなることが知られています。

リウマチと骨粗鬆症との関係とは?

関節リウマチに伴う骨粗鬆症には3つの原因があります。

(1)関節リウマチが原因となる場合
  関節の炎症に関係するさまざまな物質が全身に放出され、これが骨の破壊を
  促したり骨の形成を抑えたりして骨粗鬆症が起こります。

(2)ステロイド薬が原因となる場合(ステロイド性骨粗鬆症)
  関節リウマチの治療には、ステロイド(副腎皮質ホルモン)が使われることが
  ありますが、この薬を飲み続けると骨粗鬆症が起こることがあります。

(3)「不動」が原因となる場合
  関節の障害が進むと日常的な体の動きができなくなって「不動」におちいり、
  骨粗鬆症が起こります。また痛みのために関節を動かさなくなると、関節の
  周囲から徐々に骨が萎縮してさらに悪化させる原因になります。

  症 状 (リウマチ・骨粗鬆症 外来)

リウマチ 全身症状

関節内に存在する滑膜という組織が異常増殖することによって関節内に慢性の炎症を
生じる疾患で、進行すると関節が破壊され様々な程度の機能障害を引き起こします。
関節症状に加えて貧血や微熱、全身倦怠感などの全身症状を合併することもあります。

リウマチ 症状

最初は両方の手や足の指の関節が腫れて、とくに朝、こわばるようになります。
また、人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水がたまり、
動きにくくなり、痛みのために日常生活に困難をおぼえるようになります。
どの年代でもおこりますが、特に30~50歳代の女性に多く発症します。
軽症の人もいれば重症の人もいて症状も多彩です。早めの診断・治療が必要です。
関節リウマチは、関節だけの病気ではなく全身病ですので、貧血症状がでたり、
体がだるくなったり、肺が悪くなったりすることもあり、こうなると症状が悪化します。
全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、指や手首の関節が破壊され、
指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足のゆびにも
変形がおこります。

骨粗鬆症 症状

骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。
しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。
骨折が生じやすい部位は、

 ・背骨(胸椎や腰椎の圧迫骨折)
 ・手首の骨(橈骨遠位端骨折)
 ・太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)
 ・肩の付け根(上腕骨頚部骨折) などです。

骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。また、背中や腰が
痛くなった後に、背が丸くなったり身長が縮んだりします。
知らない間に背が低くなる「いつの間にか骨折」という状態があります。

  診 断 (リウマチ・骨粗鬆症 外来)

関節リウマチ 診断

関節リウマチの症状は、他の関節疾患とよく似ているため、自分で判断することは簡単ではありません。関節リウマチの診断は、問診、診察、血液検査そしてレントゲン撮影などに基づいて専門医が行うことになります。最近では早期診断のため関節腫脹が1カ所でも、画像診断で骨ビラン(骨が溶けた状態)が確認できれば、関節リウマチと診断する基準が発表されました。関節の腫れが続く患者さんは、お近くの関節リウマチ専門医のいる医療機関での診察をお勧めします。

骨粗鬆症 診断

診断はレントゲン検査でも可能です。
骨の量や成分(骨密度)を測定するためには、専用の骨密度測定機で診断します。血液検査と尿検査も治療効果判定に有用です。

  治 療 (リウマチ・骨粗鬆症 外来)

関節リウマチ 治療

関節リウマチでは早期の治療が大切です。
治療は薬物療法が基本であり、抗リウマチ剤と非ステロイド性消炎剤を基本として、
症例によってはステロイド剤、免疫抑制剤、最近では生物学的製剤も多く使用する
ようになってきました。
装具やリハビリテーション・理学療法も有効です。
手や足の周囲だけで比較的軽く経過する場合が多いのですが、長い間に全身の関節
に炎症が進み、最後には膝や股関節などの手術やときには背骨の手術が必要になる
場合もあります。

骨粗鬆症 治療

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。
カルシウムを十分に摂取するだけでなく、ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウム、適量のタンパク質をとることも大切です。
また、禁煙し、アルコールは控えめにすることや、散歩などで運動、日光浴をすることも予防になります。リハビリテーションを行い、転ばないように注意しましょう。
治療には、カルシウムやビタミンDなどの内服薬や骨吸収阻害剤を使用したり、カルシトニン製剤や副甲状腺ホルモンの注射などによる治療を行います。人それぞれに応じた方法があります。
転倒予防のリハビリも大変重要です。骨折した場合は、それに応じた治療が必要です。
閉経後の女性は、特に定期的な検診をお勧めします。

  リウマチ・骨粗鬆症外来担当医師紹介

リウマチ・骨粗鬆症 外来の担当医師

東大阪病院  リウマチ・整形外科
 仲田 公彦 医師

・日本整形外科学会整形外科専門医
・日本リウマチ学会リウマチ専門医
・日本リハビリテーション医学会臨床認定医

歳をとり、膝や腰が痛む方は多いと思います。関節リウマチだけではなく、骨や関節など、運動器の痛みを治療するのがリウマチ科です。手術治療に限らず、サポーターなどの装具や生活指導、注射など、幅広い治療法をお示しし、ご本人に合った方法を選んでいただければと考えます。まずはお気軽にご相談下さい。

  診療時間(リウマチ・骨粗鬆症 外来)

毎週月曜日 
   14:00~17:00迄(代表)

お問合わせ:06-6939-1121(代表)