救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内

膝関節・股関節 専門外来 Q&A

診療科のご案内

人工関節置換術とは?

膝関節・股関節 専門外来 Q&A

  Q1. 人工関節置換術とは

当院では、主に膝関節と股関節に対し行っております。加齢的変化や関節の病気、けがなどによって変形した関節を人工関節に置き換える手術です。最終的な治療法ですので、他の治療法(薬物療法、理学療法、関節温存手術など)が無効な場合に行われる手術です。他の治療法に比較すると短期間に歩行能力の回復が可能な治療法です。
人工股関節置換術

人工膝関節置換術

  Q2. 人工関節置換術の長所は

関節自体を人工のものに置換する手術ですので、骨折などの様に骨がつくまで体重をかけられないということはありません。手術直後より体重をかけることが可能ですので、早期退院、早期社会復帰が可能です。除痛だけでなく、特に、人工股関節は関節の動きや下肢の短縮が改善しますので歩容が著明に改善します。

  Q3. 人工関節置換術の欠点は?人工関節の適応年齢については?

正しい手術を行えば20年以上耐用すると思われますが、一般的には人工関節置換術の適応年齢は60才以上とされています。膝関節に関しては、60才以下で手術を受けられる方は少数ですが、股関節では、40代、50代での人工関節手術を受けられる方もおられます。40代、50代でも他に有効な治療法がない場合は、人工関節手術を選択され、短期に社会復帰されておりますので、人工関節の耐用年数の問題はありますが、手術によるプラスの部分を考えると十分な価値があるものと思われます。また、将来入れ替え(再置換)が必要になっても入れ替えやすいように手術をしておりますので安心してください。膝痛や股関節痛を放置しても、すぐには寝たきりや生命の危機には陥りませんが、明らかに生活活動の場を狭めることにはなりますし、人生の中で最も円熟した時期の大切な出会いや自己表現の機会を失うことになる可能性がありますので、患者さんと相談し手術適応を決めております。

  Q4. 人工関節の再置換術について

人工関節に緩みが生じた場合や人工関節に破損が生じた場合、感染が生じた場合は、人工関節を再び置換する手術が必要になります。大切なことは、初回手術後より定期的に外来を受診することです。レントゲン検査により、緩みなどの問題は早期に発見され、再置換手術も容易となります。

  Q5. 当院での人工関節の手術日程

患者さんの手術の希望と外来での診察により手術が決定されるわけですが、当院では以下の流れで人工関節手術が行われます。

手術1~2ヵ月前 手術日の決定。内科的疾患の評価など。全身麻酔のための諸検査。
手術前日 入院。
手術当日
手術翌日 リハビリ開始。
手術後14日目 抜糸(膝関節は約3週、股関節は約2週)。以後、手術創部が乾燥し、レントゲン検査、血液検査などに問題なく、階段歩行や屋外歩行が自立していれば退院を許可としております。基本早期退院を目指しておりますが、リハビリをしっかりと行いたいという方は当院回復期リハビリテーション病棟へ転棟していただき、リハビリを重点的に受けていただくことも可能です。
術後外来リハビリ通院 基本的には、入院中のリハビリで十分な状態まで回復してから退院となりますのでリハビリ通院は必ずしも必要ありません。
術後外来診察 患者さんにより若干の違いはありますが、多くの場合、手術後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、以後は半年から1年に1回程度の通院となります。

  Q6. 手術に伴う諸問題

1.麻酔について
麻酔専門医による全身麻酔で行います。手術後の鎮痛目的などのため腰からの麻酔などを併用します。
2.輸血について
ほとんどの場合が他人からの輸血を必要としません。
3.合併症について
人工関節手術に伴う合併症としては、一般に、以下のようなことが希に発生することがあります。
1.手術部位への細菌感染
2.深部静脈血栓症(一般にはエコノミークラス症候群と同意)
3.脱臼(人工股関節の場合)

  Q7. 手術を行う医師、医療スタッフについて

手術当院では、人工関節に精通した医師、看護師、理学療法士、作業療法士がおります。手術実績に培われた知識と経験により安全かつ正確な手術をこころがけております。

質問コーナー

膝関節・股関節 専門外来 Q&A

  Q1.入院期間はどれくらいになりますか?

個人差はありますが、おおよそ3~6週間程度です。当院では、手術後約1ヵ月で退院になる患者さんが多いです。
手術後14日目で抜糸となり、その後は外泊も可能となります(2~3回外泊をしてから退院するケースが多いです)。

  Q2.手術に危険はありませんか?

手術なので、必ずしも危険が伴わないということはありません。
当院では、人工関節置換術において、危険性に対して細心の注意を払っています。
また、看護スタッフ等の手術スタッフや麻酔科専門医による全身麻酔など専門的なサポートのもとで、万全を期して手術をおこなっております。

● 輸血について
大半のケースにおいて、他人からの輸血を必要としません。
● 合併症について
非常に稀なケースですが、人工関節手術に伴う合併症が発生する場合もございます。起こりうる合併症の例として、手術部位への細菌感染、深部静脈血栓症(一般にはエコノミークラス症候群と呼ばれるもの)、関節脱臼(人工股関節の場合)があります。

  Q3.手術は痛いですか?

手術は全身麻酔でおこなわれるため、手術中は痛みを感じません。
当院の人工関節置換術は、麻酔専門医による全身麻酔でおこなわれます。麻酔にかかってしまうと、手術中の痛みはもちろん、手術中の恐怖もまったくありません。手術後も十分に配慮し管理をおこなっていますので、ご安心ください。
退院後2~3ヵ月でほとんどの場合、痛みが解消し、多くの日常的な動作ができるようになります。

● 当院の痛みへの対応
手術後は、手術による炎症反応(痛み、熱、腫れ)が生じるので、短期間ではありますが痛み止めの薬剤を使用します。しかし、術前にあった関節の変形が原因で生じていた関節の痛みは改善されていますので、安心してください。手術後の痛みは、手術に対する炎症反応なので、徐々に改善してきます。
また、術後翌日より手術をした脚へ全体重をかけてもよいという許可が出ますので、長い期間の不自由さはありません。

  Q4.術後の傷跡は目立ちますか?

約15cmの長さで傷跡ができますが、少しずつ改善します。
術前の変形の状態により少し異なりますが、膝の場合お皿の上に、股関節の場合側方に傷ができます。術後初期は、赤く目立つと思われますが、少しずつ治癒していきます。

  Q5.人工関節の手術後、どれくらいで日常生活に戻れますか?

通常、3~6週間での退院となります。

● 当院の人工関節手術の流れ 

手術1~2ヵ月前 手術日の決定。内科的疾患の評価など
手術1日前 入院。リハビリ評価。全身麻酔のための諸検査。
手術当日
手術翌日 リハビリ開始。車イス使用。
手術後14日目 抜糸後、外泊許可。
退院 術後2週間~。平均術後4~5週間。
退院後 適宜外来リハビリ開始(週2~3回の通院をしばらく続ける)
● 退院のタイミング
手術創部が乾燥し、レントゲン検査、血液検査などに問題なく、階段歩行や屋外歩行が自立していれば退院許可となります。
当院では通常、術後2週間以内にほとんどの方が退院を許可されます。平均で3~6週間の入院となっております。

  Q6.退院後、日常生活で気をつけることはありますか?

人工関節にしたからといって、日常生活で大きく制限されることはありません。ただし、和式の生活から洋式の生活に変更する必要が生じる場合もあります(たとえば、布団からベッドに変えるなど)。そこで、当院では、必要に応じてリハビリ担当者がご自宅を訪問し、退院前指導をおこない、自宅での生活に関するアドバイスをするなどしてサポートしますので、ご安心ください。

● 退院後注意点
・股関節の場合、術後3か月は正座や和式トイレなどを控え、過度に動かさないように注意してもらっています(術後3か月以降は可能となります)。膝関節の場合は特に制限はありません。
・身体がぶつかり合うようなスポーツや関節に大きな緊張を与えるような動作は控えてもらっています。
・通常の日常生活にはほとんど支障がありません。散歩やショッピング、旅行、ハイキングなど、手術前には痛くて楽しめなかったことでも、手術後には楽しむことができるはずです。水泳やゴルフ程度の運動も可能です。

  Q7.退院後、運動をすることはできますか?

もちろん可能です。買い物などの日常生活、ウォーキング、旅行など無理だけなされなければ問題ありません。

  Q8.若いうちは、人工関節を入れても、再手術になる可能性があるとききました。どうしてですか?

人工関節の耐久性の問題があるからです。自動車などのエンジンと同じように、人工関節にも耐久年数の問題があります。使用している人工関節の機種によっても若干違いますが、正しい手術を行えば20年以上耐用すると思われます。また、一般的には、人工関節置換術の適応年齢は60才以上とされておりますが、当院でも60才以下で手術を受けられる方は少数ですがいらっしゃいます。当院の方法は、将来再置換が必要になっても入れ替えやすいように手術をしておりますので安心してください。

  Q9.人工関節を大事に使うためのアドバイスをお願いします。

人工関節を身体の一部にできるよう、いろいろなことに挑戦していただきたいと思います。
基本的には、人工関節の耐久性の問題や人工関節にゆるみが生じた場合や破損した場合に人工関節を再び置換する手術が必要になるとされていますが軽度な運動をしたり、仕事をしたり、旅行に行ったりすることは可能です。身体がぶつかり合うようなスポーツは控えた方が長持ちします。

  Q10.リハビリは、ずっと続ける必要があるのですか?

術後の状態により異なりますが、人工関節を大事に使うためにもリハビリは大切です。
しかし、基本的には入院中のリハビリで十分な状態まで回復してから退院となりますのでリハビリ通院は必ずしも必要ありません。
術後状態により、外来リハビリテーションの必要の有無は異なりますが、担当理学療法士、作業療法士が家での生活やリハビリテーションについてアドバイス等をおこないます。人工関節を大事に長く使うために、リハビリを「卒業」しても、日課として家でもリハビリを続けていただきたいと考えております。

  Q11.身体障害者手帳がもらえるって本当ですか?

現在は通常の人工関節置換術後の場合、身体障害者手帳はもらえません。