診療科のご案内
  • 総合内科
  • 緩和内科
  • 呼吸器内科 呼吸器腫瘍内科
  • 循環器内科
  •  消化器内科
  • 内分泌・糖尿病内科
  • 腎臓内科(透析)
  • 一般・消化器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション部
  • 皮膚科
  • 放射線科
  • 麻酔科
専門外来のご案内
  • 緩和ケア病棟面談
  • 膝関節・股関節 専門外来
  • 外来化学療法
  • 糖尿病フットケア外来
  • 腎不全外来
  • リウマチ・骨粗鬆症外来
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
外科新聞
診療科のご案内
外科新聞
最新記事を読む 過去の記事一覧 お問合わせ
一般の方へ 開業医の先生方へ
2014年9月
  • 住民の皆様へ
大腸がん 早期発見を ―地域をあげて取り組むべき時期では? 増え続ける大腸がん
日本人が一生涯のうちに、がんになる割合は二人に一人と言われています。特に最近の食生活の欧米化により大腸がんの割合は増え続けており、大腸がんになる割合は男性で胃がん、肺がんに次いで三位、女性では乳がんに次いで二位となっています。大腸がんによる死亡数でみると男性で肺がん、胃がんに次いで三位、女性では一位というように、大腸がんになる割合も死亡数も非常に高いことがわかっています。大腸がんを含めてがんは怖い病気ですが早期に発見できれば完治も十分望める疾患です。大腸がんを早期に発見するためには大腸カメラを受けることが必要です。世の中にはがん検診など必要ないと考えている医者もいますが、がんの早期には症状はほとんどありません。症状がある時には、がんがすでに進行していることが多いため、私は早期にがんを発見するためにはがん検診は必要と強調します。当院の消化器内科では患者さんの苦痛を和らげながら大腸カメラを連日行っておりますし、検査時間も十分から十五分程度です。作家の五木寛之はある本の中で次のようなことを言っています。「自分の体の声を聞く、自分の体を自分がちゃんと見る、体と会話を交わすということを丹念にする」この一節と出会った時、衝撃的な内容として私自身も大切にしています。城東区、都島区、旭区、鶴見区の四区にお住まいの方々、「仕事が忙しいから検査に行けない」「検査が怖いから行かない」などと言わずにぜひ当院で大腸カメラを受けてみてはいかがでしょうか?自分の体と会話するきっかけ作りをご支援させて下さい。

大腸のなかで癌が発生しやすい部位は、直腸が最も多く、次いでS状結腸です。この2ヶ所で大腸がん全体の7割を占めます。日本で大腸がんが増え続けている原因の1つが食生活の欧米化です。肉食が多くなり、野菜や繊維質の食べ物が不足すると、腸内で善玉菌の減少や消化吸収機能の低下など、腸内環境が悪化し、排便を阻害してしまいます。過剰摂取に注意しながら、積極的に食物繊維の多い食品を摂りましょう。

【検査について】
検便による潜血検査を行います。出血が目に見えなくても、便に血液が混じっていないかを見ます。ただし、2~3割は癌が見逃されますので、内視鏡検査などを併用することになります。

【手術について】
大きく分けて2つあります。1つは大腸カメラを用いる内視鏡治療、もう1つは外科的治療です。アプローチとしては開腹手術、腹腔鏡手術があります。大腸がんは他の癌に比べ、早期発見しやすく、完治しやすいので、まずは検査を受けましょう。