ホーム > スタッフブログ > 新人看護師の配属が・・・

新人看護師の配属が・・・
2020-05-02 / カテゴリー: 新人教育

 

こんにちは

東大阪病院 看護部教育主任のHですニコニコ


新型コロナウイルスが世界的に猛威を奮っていますが、
皆様の体調はいかがでしょうか。

 

2020年4月1日、看護部では新人看護師を9名迎えましたキラキラ


4月中に医療安全や、感染管理を踏まえた基礎看護技術を習得していただき、4月末に配属決定し、5月に入り、今は配属された各部署でのOJTが行われてます。

 

勤務中はもちろんですが研修を行う中でも、必ずマスクを装着し、換気を行い、手指衛生ボトルを1人が1本携帯して、何かを触るごとに手指消毒し、密着しないように研修を行いました。

 

研修を行って、改めて気づきましたが、看護師は密着する援助が沢山あります。


まず、検温。
腕に血圧計を巻く、体温計を腋窩に挟む、問診、視診、触診、打診、聴診。


そして、体位交換・オムツ交換。


 

 

 

 

動けない患者さんを介助するためには、2名での密着した援助が必須です。
他にも移動の援助や投薬、採血や心電図の測定、診療の補助など。
これほどまでに患者さんのそばで、患者さんに寄り添って看護をしていること、
また、体調管理に努めることの大切さを、改めて実感しました。

 

現在、全ての看護師、職員が体温測定を行い、勤務を行っています。


私たちの仕事上、密着は避けられないことだと思いますが、新人看護師がこれから、医療従事者として現場で活躍する為に、基礎となる、医療安全の基本や、感染管理の基本、自己管理の大切さを知り、自ら考えて行動できるよう、教育専従の立場からその役割を果たしていきます。


新人看護師たちを育てていきたい炎


みんな一緒に頑張りましょう♪