ホーム > スタッフブログ > 当院看護部の風土改革について

当院看護部の風土改革について
2019-05-10 / カテゴリー: 看護部長より

 

皆さん、こんにちは。
東大阪病院 看護部長の上薗です。


4月が過ぎ、もう5月早いですね.

元号が変わり、平成から令和へと新しい時代が始まりました.

 

先日まで1年生だった「新人看護師」は先輩デビューしキラキラ

今年4月に入職した新人看護師は、この記念すべき令和元年になった日に

各病棟へ配属となりましたキラキラ


当院は数年前より風土改革に取り組んでおり、今年も引き続きそういったことに力を

注いでいきたいと考えております。

例えば、過度な指導、宿題は禁止にしています。

なぜなら、1日で理解できるほど病態はやさしくないからです
それなら毎日、元気に出勤してきてくれる方が良いからです。

興味の無い分野があったとしてもなかなか自分の中には入りませんしね。


・・・が、資格を持つ以上、ライセンスにエビデンスを持たなければいけません。

お勉強は主体的に行なっていただくのが1番良いと考えます
今活躍してくれている看護師たちはもちろん、新人看護師たちも大切に、大切に

育てていきたいと思っております。

 

それぞれ課題はちがっても、新しい環境で頑張らないといけません。

そして、体調管理にはくれぐれも気をつけてもらいたいです。