ホーム > 部署紹介 > 外来

外来

外来の特徴
外来は、内科(一般内科、総合内科、消化器、循環器、呼吸器、内分泌、糖尿病、緩和ケア)・外科・整形外科・リハビリ科・皮膚科・脳外科・麻酔科の診療科があります。地域密着型の病院として地域住民の方々の診察はもちろんですが、回復期リハビリテーション目的の転院や緩和ケア外来の診察など、遠方からの患者さんの診察も行っています。
病棟の雰囲気・スタッフの雰囲気
外来は、「チームワーク」を大切にしています。皆で声をかけ合い、協力し合い、患者さんの看護をさせて頂いています。皆が自由に意見を出し合えるコミュニケーション豊かな職場です。
ミッション
外来は「病院の顔」であるという自覚と責任をもち「おもてなしの心」をもってケアを提供させていただきます。
ビジョン
・ 安全、安心な医療、ケアを提供する
・ 思いやりの心で患者さん中心のケアをおこなう
外来独自の取組み・PR
「外来は病院の顔である」をモットーに「笑顔」「思いやり」「おもてなしの心」を合言葉とし、継続して取り組んでいます。患者さんに「安心」と「誠意」を提供できるよう、個人の意識や質の向上に向け、チーム別ミーティングや勉強会を行っております。特に救急の受け入れ、内視鏡検査、フットケアに力を入れています。
外来師長 嵯峨登志子