ホーム > 看護部について > 看護部の方針

看護部の方針

東大阪病院 看護部理念
私たちは、全ての人に対して共感と慈しみの心を持ち尊い看護を実践します。
東大阪病院 看護部基本方針
私たちは自己研鑽に努め、責任ある看護の提供を目指します。
私たちは、自己の価値観の向上に努め、権利、尊厳を尊重する看護を実践します。
私たちは、連携、協働を通して他職種との絆を深めます。
私たちは、一人一人が法人理念に則った看護を実践します。
看護部長挨拶
患者さんの療養環境を整え、患者さんの心に共感できる看護部を目指します。
看護部長 上薗 三江子

東大阪病院は「地域社会との共存・共栄」を理念とし、地域の方々と共に発展してまいりました。現在、急性期医療から在宅医療、また回復期リハビリテーション病棟、障害者病棟、緩和ケア病棟、透析医療と幅広く地域の皆さんの健康維持に関わらせていただいております。
更に地域の病院としての機能を高めるため、救急医療の強化も目指しております。
看護部門では病院機能に合わせた看護の提供を目指すと共に、当病院が掲げる「おもてなし」の心を持って看護を行いたいと考えております。
職員が主体的に患者さんの看護を行えるよう、職場環境整備にも尽力して参ります。

患者さんの療養環境を整え、患者さんの御心に添える看護を目指すことで地域に貢献いたします。

師長をはじめ、スタッフ達が医療人として、花を立派に咲かせられますよう教育にも精進してまいりたいと思います。

看護部長 上薗 三江子