ホーム > 看護部について > 病院概要

病院概要

東大阪病院 理念
地域社会との共存・共栄―地域住民の健康を支援することで地域社会に貢献する事―
東大阪病院 基本方針
私たちは、医療・福祉・保健を通じて、地域に貢献します。
私たちは、能力の向上と、患者さんへのサービスの充実に努めます。
私たちは、全人的修復を手助けする力、ケア力を高めていきます。
私たちは、ホスピタリティーを発揮し、安心・安全な医療・介護に最善を尽くします。
私たちは、地域医療機関と連携を深め地域完結型医療に貢献します。
沿 革
昭和26年 4月 院長田中治が「東大阪病院」を大阪市城東区蒲生に開設
昭和37年12月 医療法人「東大阪病院」に組織を変更(病床数28)
昭和44年 4月 城東区中央1-7-22に新病院が完成(病床数133)
昭和49年10月 増築工事が完了
防災設備の完備・人工透析・心臓監視センター等設備の拡充(病床数222)
昭和54年10月 高度医療設備導入のための全面改築完了
ICU・CCU・CTスキャン室・脳血流計設置 人工透析センターの拡充(病床数250)
昭和62年 9月 バイオクリーン手術室完成
昭和63年 2月 第2ナースステーションの設置(病床数265)
平成 1年 8月 田中治が会長就任・田中一三が理事長就任
平成 2年 4月 看護師および准看護師学校の実習施設として認定
平成 3年 4月 特定医療法人の承認
平成 8年10月 訪問看護ステーションの承認
平成11年10月 介護保険法に定める指定居宅サービス事業者の指定
11月 開放型病院の受理(5床)
平成12年 2月 介護療養型医療施設の指定
平成13年 2月 財団法人日本医療機能評価機構の認定
(複合B:一般長期療養)
平成14年11月 北館透析施設の完成
平成15年 3月 在宅支援センターの完成
8月 全病棟におけるリニューアル工事の完了
(1室当り4床以下、1床当り6.4m2以上)
平成16年 5月 言語聴覚療法(1)の施設基準取得
6月 総合リハビリテーションAの施設基準取得
9月 田中治が会長兼名誉院長に就任
濱田信一が院長に就任
10月 亜急性期入院基本料の施設基準を取得
平成18年 2月 財団法人 日本医療機能評価の認定(Vr.5.0)
4月 脳血管リハビリテーション( 1 )・呼吸器リハビリテーション( 1 )
運動器リハビリテーション( 1 )の施設基準を取得
9月 医療型療養病棟から一般病棟へ変更(265床のうち48床)
平成19年 6月 オーダリングシステム導入・本稼動
平成20年 4月 回復期リハビリテーション病棟承認
9月 花田昌一が院長に就任
平成21年 4月 DPC対象病院に承認
9月 臨床研修病院指定
平成23年 5月 関西医科大学附属病院と医療連携を締結
6月 財団法人 日本医療機能評価の認定(Vr.6.0)