当院について
  • 病院長挨拶
  • 病院理念・院是
  • 病院沿革
  • 病院概要
  • 倫理方針と個人情報保護
  • 医療安全への取組み
  • 院内感染防止への取り組み
  • 日本病院機能評価認定病院
  • 臨床指標
救急外来のご案内
地域のかかりつけ医をご紹介 かかりつけ検索システム
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
30秒で簡単応募!簡単応募フォーム設置中
  • 医師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • 看護師 求人・採用案内
  • リハビリテーション部(PT・OT・ST)採用情報
  • 医療技術職・事務職 求人・採用案内
平成27年度臨床指標
当院について
  1.年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 91 97 140 160 281 533 672 274
【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。年齢は入院した時点での年齢で集計しています。
【解説】
当院を利用している患者様は80歳代が一番多く、全体の約30%を占めています。また、70歳以上の患者様の割合が全体の約65%を占め、地域社会の高齢化を反映しています。
  2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 190 23.24 14.34 4.74% 77.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 115 47.16 21.69 14.78% 84.74
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 111 2.23 2.93 0.00% 68.99
【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様を対象にDPCコードの上位3例を診療科別に掲載しています。
在院日数は、当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外の病棟も含む)
【解説】
肺炎症例が最も多くなっています。次いで、誤嚥性肺炎では平均年齢が84歳と高齢者に多い疾患であり、平均在院日数も長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病 なし 13 5.31 5.14 0.00% 60.85
【解説】
平成27年度は、外科の常勤医が1人体制の期間が長く、症例数が減少致しましたが、平成28年度では常勤医の2人体制として症例数が増加する見込みです。最近では大腸がんの手術を中心に症例数が増加しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 70.66 28.70 9.09% 81.25
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 39 55.36 21.52 7.69% 79.36
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 13 19.92 5.70 0.00% 61.46
【解説】
高齢者に多くみられる大腿骨骨折の症例が多くなっています。
当院は急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟を有していますが、骨粗鬆症や他の慢性疾患をベースにした骨折の患者様も多く、手術治療後、リハビリが必要な患者様は回復期リハビリテーション病棟で転棟しリハビリを行い、出来る限り早期に社会復帰へとつなげていけるように努力しております。
全国の平均在院日数と比べ当院が長期となっているのは他院へ転院せずリハビリ治療を行うからです。
腎臓内科(透析)
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 45.35 13.64 9.30% 73.21
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 17 25.12 15.39 5.88% 68.88
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 15 2.73 2.76 0.00% 68.73
【解説】
腎臓内科(透析)では、慢性腎臓病(CKD)から透析までの診療を行っています。早期から腎臓病治療に介入できるよう、地域の先生方との連携をより深めながら、診療体制を充実させています。
当院では人工透析とリハビリが同時に行えることが特徴ですので、全国の平均在院日数より長く入院される患者さんもいらっしゃいます。
  3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage
I
Stage
II
Stage
III
Stage
IV
不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌 25 22 1.2 7
肝癌

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象で、延患者数を集計しています。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。
同じ患者様が複数回入院された場合もそれぞれ計上しています。
初発とは、当院でがんの診断、初回治療を実施した場合を指します。再発とは、当院または他院で初回治療が完了した後に、当院で患者様を診察した場合や、再発・再熱または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
【解説】
当院では、悪性腫瘍の中では肺癌治療を中心に行っています。
当院は他医療機関と連携しており、手術後、治療後の経過観察目的の患者様を受け入れているため再発の割合が高くなっています。また、当院は緩和ケア病棟を有しており、治療が困難とされた癌患者様の苦痛を和らげる緩和ケアの体制を整えています。
  4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 30 15.47 51.90
重症度 1 89 24.02 78.61
重症度 2 66 30.73 82.52
重症度 3 29 32.48 83.90
重症度 4 11 25.09 83.82
重症度 5
不明
【定義】
成人とは15歳以上を指し、市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
下記のうち該当項目数が重症度となります。
≪A-DROPシステム≫
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN21dL以上または脱水あり
3.酸素飽和度90%以下
4.意識障害
5.収縮期血圧90㎜Hg以下
【解説】
症例数では重症度1、重症度2の割合が最も多く、全体の約7割を占めています。重症度1以上の患者様は平均年齢も高くなっています。平均在院日数については重症度ではく患者要因にも影響があると思われます。
  5.脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 19 11.95 74.53 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 31 55.94 77.48 19.35%
その他 17 55.88 79.82 5.88%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明
【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。
在院日数は、当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外の病棟も含む)
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。
疾病のアルファベットと数字によって表しています。
【解説】
脳梗塞では、約6割の患者様が発症から3日以内に治療を受けられています。
当院では回復期リハビリテーション病棟を併設しており急性期治療後の転棟により、リハビリにも積極的に行っていますので平均在院日数は一般病棟よりも長くなっています。
  6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 109 1.24 1.99 0.00% 69.94
K664 内視鏡的胆道ステント留置術 33 55.94 51.06 42.42% 83.27
K688 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 4.24 16.05 0.00% 86.00
【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。手術方式の点数表コード(Kコード)によって集計しています。10症例以上を集計対象とし、1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
【解説】
科では、ポリープ切除術以外でも胆管炎等に有効である内視鏡的胆道ステント留置術も積極的に行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 13 0.62 3.69 0.00% 60.85
【解説】
平成27年度は、外科の常勤医が1人体制の期間が長く、症例数が減少致しましたが、平成28年度では常勤医の2人体制として症例数が増加する見込みです。最近では大腸がんの手術を中心に症例数が増加しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股)(肩) 31 9.23 66.48 9.68% 80.35
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 27 4.85 60.15 11.11% 78.30
K0821 人工関節置換術(肩)(股)(膝) 16 2.94 44.00 0.00% 67.88
【解説】
骨折手術を多数行っており、中でも高齢者の方に多い大腿骨骨折の手術件数を多く行っています。継続してリハビリが必要な患者様は、併設の回復期リハビリテーション病棟へ転床し治療致しますので、術後の日数が長期となっています。
腎臓内科(透析)
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 16 1.19 1.06 0.00% 68.00
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 12 72.58 75.50 16.67% 76.17
【解説】
腎臓内科では、透析治療に利用するシャントのトラブルや設置の手術の他にも、透析患者様に定期的な検査を実施することで発見される大腸ポリープの切除にも件数が増えてきています。
  7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
【定義】
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。
【解説】
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固、その他の真菌症、手術処置の合併症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
当院ではどの傷病名も10件未満ですが、その中でも手術処置等の合併症は人工透析をおこなう為に作った人工血管に付随する狭窄や閉塞がほとんどです。