ホーム > スタッフブログ > 看護部の理念について

看護部の理念について
2019-03-06 / カテゴリー: 看護部長より

看護部長の上薗です。
今回は看護部の理念についての、私の思いを書きたいと思います。


すべての仕事に対して同様だと思いますが、仕事は適当に取り組むとやりがいを感じられません。しかし、目的をしっかり持って行なうことで、楽しさや面白さが見えてきます。一生懸命行なっていれば、2、3年で楽しさがわかるようになりますし、適当に行なっていたら10年、15年経っても報われないと感じるでしょう。苦しいこともたくさんありますが、上司や同僚からのさまざまな助言を素直に受け入れられることができれば、周囲の人と協力し合えるようになります。素直は最大の武器です。
否定や肯定をせずに、まっすぐに相手の言葉を聞き、他責にせずにいったん自分の中で考えて、自分がどうあるべきだったかを考えることが大切だと思っています。スタッフにもそうであってほしいとの願いが看護部の理念には込められています。



東大阪病院 看護部の理念
『私たちは全ての人に対して共感と慈しみの心を持ち尊い看護を実践します』


東大阪病院は「地域社会との共存・共栄―地域住民の健康を支援することで地域に貢献すること―」を理念としております。その理念を掲げながら、看護部は、看護師、介護士(看護補助)を中心に患者さんの御心に添える看護を目指すことで地域に貢献いたします。