診療科のご案内
  • 総合内科
  • 緩和内科
  • 呼吸器内科 呼吸器腫瘍内科
  • 循環器内科
  •  消化器内科
  • 内分泌・糖尿病内科
  • 腎臓内科(透析)
  • 一般・消化器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション部
  • 皮膚科
  • 放射線科
  • 麻酔科
専門外来のご案内
  • 緩和ケア病棟面談
  • 膝関節・股関節 専門外来
  • 外来化学療法
  • 糖尿病フットケア外来
  • 腎不全外来
  • リウマチ・骨粗鬆症外来
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
外科新聞
診療科のご案内
外科新聞
最新記事を読む 過去の記事一覧 お問合わせ
一般の方へ 開業医の先生方へ
2014年11月
胃がんとは?
胃がんとは?

今回は胃がんについて話します。
胃がんは胃の粘膜上皮から発生する悪性の腫瘍です。 原因は食生活などの環境因子が大きく関わっていると考えられています。塩分の多い食事や喫煙、過度の飲酒などは胃がんの発生リスクを高めると言われています。みなさんも最近よく耳にするヘリコバクター・ピロリ菌の感染は胃の粘膜の萎縮をきたし、胃がんの発生を高めることがわかっています。
この菌に感染している人は除菌治療が必要で除菌により胃がんの発生リスクを低下させることができます。胃がんに限らずどのがんにも当てはまることですが、がんの初期には症状はほとんどありません。腹痛、上腹部の不快感、嘔気、嘔吐、胸やけ、腹部膨満感、食欲不振、体重減少などの自覚症状を認めた場合には、がんが進行している可能性が高いです。
先日、天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀された順天堂大学心臓血管外科の天野篤教授の名言で「病気は火事と一緒で、ボヤの段階で手を打つのが大事。症状が悪化してからでは、合併症の発生率も死亡率も高くなる。」という言葉があります。したがって胃がんを早期に発見するためには内視鏡検査が有効です。

当院では経鼻内視鏡検査を実施しております。経鼻内視鏡は直径約5ミリの細い内視鏡を鼻から挿入するため、内視鏡がのどを通る時の嘔気や違和感が少なく苦痛がほとんどありません。検査時間も10分ほどで終了します。内視鏡検査により早期にがんが発見できれば約90%は完治できます。しかし発見が遅れて見つかった時にはがんがすでに進行している場合は生存率も低下します。

地域のみなさん、がんを早期に発見し早期に治療を行い、これからの人生を大いに楽しむために症状のある方はもちろん特に症状がない方も内視鏡検査をお勧めします。