診療科のご案内
  • 総合内科
  • 緩和内科
  • 呼吸器内科 呼吸器腫瘍内科
  • 循環器内科
  •  消化器内科
  • 内分泌・糖尿病内科
  • 腎臓内科(透析)
  • 一般・消化器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション部
  • 皮膚科
  • 放射線科
  • 麻酔科
専門外来のご案内
  • 緩和ケア病棟面談
  • 膝関節・股関節 専門外来
  • 外来化学療法
  • 糖尿病フットケア外来
  • 腎不全外来
  • リウマチ・骨粗鬆症外来
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
外科新聞
診療科のご案内
外科新聞
最新記事を読む 過去の記事一覧 お問合わせ
一般の方へ 開業医の先生方へ
2015年2月
外科ホットラインの現状について
昨年11月より『外科ホットライン』を開設し、地域の先生方には大変ご好評をいただいております。 外科ホットラインを始めて良かったと自負しております。 今後ともお気軽にご一報ください。高田医師と私で精一杯対応させていただきます。 さて、今回は外科ホットラインを実際にご利用いただいた事例をご紹介させていただきます。
ケース1 術式のご相談・手術、他の検査を同日中に実施させていただいたケース

【ご相談内容】
ギランバレー症候群、嚥下障害、気管切開術後の患者様について気切部の不良肉芽の増生・固着による出血のため、週1回の気切チューブの交換を必要としている患者様が最近肉芽が増大しフラップ状になり吸引時の出血も認めるようになった為、デブリードメント、気管支鏡、胸部 CT、腹部CTをしてもらえるかどうか、外科ホットラインにてご相談をお受けいたしました。

【対応・治療経過】
外科 横井川医師が対応しました。 ご家族様が日帰りでの対応を希望されたため、同日中にデブリードメント、気管支鏡、胸部CT、腹部CTを実施させていただきました。患者様の御負担が少なくなるように全て1日で対応させていただきました。

ケース2 全身の皮膚症状・血色不良の患者様に対応させていただいたケース

【ご相談内容】
下肢蜂窩織炎の患者様について 全身の皮膚症状が診られ、特に両下肢は血色が悪く、壊死様の状態との事で、外科ホットラインにてご相談をお受けいたしました。

【対応・治療経過】
外科 高田医師が対応しました。 ご相談を受け、直ぐにご来院頂くようにお話しし、救急車にて来院されました。 下肢蜂窩織炎を呈しており、また、なかなか入浴が出来ていないとの事でした。ご入院の上、下肢の洗浄、 足浴、ワセリンラップ療法を行い、慢性湿疹の状態となった所でステロイド軟膏フォローとして外来での皮膚科 フォローとしてご退院されました。その後内科はご相談いただいた診療所様で継続フォローして頂き、皮膚科は 当院で継続フォローさせて頂いております。

ケース3 外科診療終了後に対応させていただいたケース

【ご相談内容】
17時過ぎの外科診療終了後に、「30台女性で、右下腹部痛があるから診てほしい」と、外科ホットラインにてご相談をお受けいたしました。

【対応・治療経過】
外科 横井川医師が対応しました。 診察の結果、急性虫垂炎の診断で、当日ご入院されて翌日手術、術後2日(生後間もないお子さんがおられたため 早期退院となりました)で軽快退院され、外来経過フォローとなっております。

ほんの一部ですが、ご紹介させていただきました。
これら以外にも患者様の手術後の経過の御報告や退院後の治療のご相談などにも外科ホットラインを使っていただいているケースもあります。
まずはお気軽にご連絡ください。お力になれるように精一杯努めさせていただきます。
外科ホットラインのご案内:06-6932-0369

・月曜~金曜   9:00 ~ 17:30
・土曜        9:00 ~ 15:00
・月曜~金曜 17:30 ~ 19:30は必要に応じて外科医師と緊急連絡が可能です
・地域医療連携室職員が電話交換します

《緊急手術体制のご案内》

【緊急手術受け入れ期間】 月曜~金曜 9:00~19:30
※現状では、土曜日及び夜間、日曜・祝日、年末年始は緊急手術の受け入れができません。 ご不便をお掛けして誠に申し訳ございませんが何卒よろしくお願い申し上げます。