救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
透析科
2014/06/12
  腎臓の病気

腎臓の病気にはいろいろありますが、どの病気も初期には症状がほとんどありません。“ちょっとおかしいな”と思ったころには腎臓はほとんど潰れてしまっていることがよくあります。では、どうすれば治療がしやすい初期の段階で腎臓の病気をみつけることができるでしょうか?その答えは『検査をうけてみる!』です。なぜなら初期の異常でみつかるのは蛋白尿/血尿と血液検査での腎機能(おもにクレアチニンという値)の異常がほとんどだからです。どちらも検査をうけないと見つけることができません。年に一度は血液検査や尿検査をうけるようにしましょう。
異常が見つかった場合は精密検査が必要です。腎臓学会では一度専門医と相談していただくことが勧められています。当院でも専門医の立場から患者さんの腎臓について調べさせていただき検査や治療の必要性を相談させていただきます。