特色と取り組み
  • 救急外来
  • 専門外来のご案内
  • 緩和ケアへの取り組み
  • 人工透析
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 健診・ドック インターネット予約
  • 消化器内視鏡検査
  • 64列マルチスライスCT
  • 1.5T MRIシステム
  • チーム医療
  • 看護部
  • 地域医療連携課
  • 社会貢献活動
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内

胃カメラ・消化器内視鏡検査

特色と取り組み

  内視鏡検査とは

胃カメラ・消化器内視鏡検査とは主に、胃や腸など消化器官に関する病気の早期発見・治療のためにおこないます。内視鏡検査では、先端にカメラのついた細い柔軟なチューブ(内視鏡)を口または鼻、肛門から挿入し、消化器官内部の検査をすることができます。
通常、胃カメラといわれる上部消化管内視鏡と、大腸カメラといわれる下部消化管内視鏡があります。当院では、患者さんがこれまでの内視鏡検査で経験された「苦しい」「つらい」という思いを少しでも払拭できるように最新の内視鏡システムを導入しています。ご希望に応じて、鎮静剤も使用致します。検査の前に十分な説明を行い、リラックスして検査を受けて頂けるよう心がけております。

胃カメラ・消化器内視鏡検査への取り組み・設備胃カメラ・消化器内視鏡検査の実施日・お問い合わせ

こんな症状のある方は内視鏡検査を受けましょう

こんな症状のある方は内視鏡検査を受けましょう

<胃カメラ適応>

  • みぞおちのあたりの痛みのある方
  • 胸焼け、もたれ感のある方
  • 食欲不振、体重減少のある方
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往がある方
  • 黒い便は胃や十二指腸からの出血を考える症状なので、
    緊急検査の適応です

<大腸カメラ適応>

  • 血便
  • 急に便秘がちになった
  • 下痢を繰り返す
  • 排便回数の変化
  • 便が細くなった等の便性状の変化
  • 腹痛、膨満感
  • がん検診で異常を指摘された(便潜血陽性)
  • 大腸ポリープをとったことがある
  • ご家族に大腸ポリープや大腸がんのいる方

  胃カメラについて

■ 胃カメラ
(=胃内視鏡)[上部消化管内視鏡検査]について

経鼻内視鏡は検査中の咽頭反射(吐き気・苦しさ)が少なく内視鏡検査が楽に受けられます極細径挿入部を採用し、先端部外径は5.4㎜です。経鼻内視鏡は、従来の経口内視鏡(口から入れる胃カメラ)に比べ、口径が細く、鼻孔から挿入するため、検査中の咽頭反射(吐き気)が少なく、検査が楽に受けられます。また大きな特徴として、検査中に医療スタッフとの会話が可能です。検査を受けている時も、患者さんの思いや状況を伝えられるので、精神的な不安も軽くなります。そのため、従来の口からの胃カメラを受けたことのある方は、鼻から入れる細い胃カメラの方が楽だったとおっしゃる方が多いようです。経鼻内視鏡をご希望の方は、主治医にご相談ください。

■ 検査の受け方

検査前
<食事について>
検査の前夜の夕食は夕方9時頃までに、いつもより少なめにとって下さい。
当日の朝は、何も食べないようにしてください。
検査当日
検査に関する問診票(胃カメラの経験について、既往歴、普段飲んでいる薬、薬剤アレルギー等)にお答えいただきます。
胃の中をきれいにする薬を飲んでいただきます。
胃の動きを抑えるくすりを注射する場合もあります。ご希望があれば検査を楽に受けていただくためのくすりも注射します。
体を締め付けるものは、できるだけ外してリラックスしてください。上着は脱ぎ、メガネや入歯を外し、ベルトはゆるめます。女性の方は口紅をふき取ってお待ちください。
咽喉の奥に麻酔をします。少し苦みを感じますが、内視鏡(スコープ)を飲み込む際の負担を軽減するため、我慢して飲んでいただきます。
内視鏡(スコープ)は無理に飲み込もうとせず、医師やスタッフの指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると、検査は楽に受けられます。全身の力を抜いてゆったりとした気持ちで受けましょう。検査は通常10分程度で終わります。必要に応じ、胃の粘膜の一部を採取し、組織検査をする場合もあります。この時は多少時間がかかります。
検査が終わった後は、薬の影響で眠気、ふらつきなどが現れる場合があるので、別室にて30分から1時間程度お休みいただきます。
注意点:検査当日は車の運転はできません。安全のため当日は運転での来院は避けてただいております。
結果
結果は、基本的にその場でわかります。ただ、組織検査を行った場合などは、結果がでるまで2週間程度かかる場合があります。
胃カメラ・消化器内視鏡検査への取り組み・設備胃カメラ・消化器内視鏡検査の実施日・お問い合わせ

  大腸カメラについて

■ 大腸カメラ
(=大腸内視鏡)[下部消化管内視鏡検査]について

大腸カメラ大腸専用のスコープ(カメラ)を肛門から挿入し、腸の内部を観察します。胃カメラ同様にビデオカメラで消化管を観察し、必要に応じて写真を撮影します。ポリープやがんなどの疑わしいところがあれば、その場で組織の一部を採取(生検)したり、直接ポリープを切除して細胞レベルで調べる病理検査を行います。

■ 検査の受け方

検査前
<食事について>
検査の3日前より食事で消化の悪いもの(繊維が多い、種が多い、海藻類など)は控えて下さい。前日の夕食は夜9時ぐらいまでにとり、その後は絶食でお願いします。水分はとって構いません。前日夜、下剤を飲んでいただきます。便通の良い方であれば朝までに何回か排便があります。当日の朝は、何も食べないようにしてください。
検査当日
検査に関する問診票(胃カメラの経験について、既往歴、普段飲んでいる薬、薬剤アレルギー等)にお答えいただきます。
約2リットル程度の大腸の洗浄水を飲んでいただき、お腹の中を空にします。
便が出て透明になりましたら、更衣室で検査着に着替えて、検査室へ移動します。
腸の動きを抑えるくすりを注射する場合があります。ご希望があれば検査を楽に受けていただくためのくすりも一緒に注射します。
肛門より内視鏡を挿入し検査を開始し、大腸全体(盲腸まで)を観察します。通常検査時間は10分から15分前後です。大腸をよく観察するために横向きから仰向きになっていただく場合もあります。担当医の指示に従って下さい。大腸ポリープを認めた場合、必要に応じて切除します。大腸ポリープを切除する場合でも検査時間は30分以内です。ポリープを切除した合は基本的に一泊入院をお勧めさせていただいております。
検査が終わった後は、安定剤の影響で眠気、ふらつきなどが現れる場合があるので、別室にて30分から1時間程度お休みいただきます。
検査当日は車の運転はできません。また、検査でポリープを切除した方は、出血予防のため検査後1週間は運動、旅行、出張を控えて下さい。
結果
結果は、基本的にその場でわかります。ただ、組織検査を行った場合などは、結果がでるまで2週間程度かかる場合があります。
胃カメラ・消化器内視鏡検査への取り組み・設備胃カメラ・消化器内視鏡検査の実施日・お問い合わせ

  からだに負担の少ない内視鏡検査への挑戦

患者さんの検査に対する
心身の負担を軽減するための取り組み

当院では患者さんの検査に対する不安や不満を少しでも減らすために、少量の麻酔薬を適正に使用し、内視鏡検査を実施しております。患者さんの検査に対する不安や不満を軽減することは、必要な検査をためらう患者さんの受診率向上にもつながります。患者さんが必要な時に、必要な検査を受けていただくことで疾患の早期発見・早期治療につなげております。

検査につらいイメージをお持ちの方や一度検査を受けてつらかった方は内視鏡検査を
気楽に受けることは難しいと思います。当院ではそのような患者さんに

“頑張ってもらう検査”ではなく、“心と身体に負担の少ない検査”を心がけています。

 

内視鏡ビデオスコープシステム

画像提供:オリンパス社

■ 鎮痛剤・鎮静剤を使用して患者さんの負担を軽減
特に以前に受けた内視鏡で苦しかった方、緊張・不安の強くある方などには、患者さんからご希望があれば少量の鎮痛剤や鎮静剤を使用させていただいております。
お気軽に医師または看護師にご相談下さい。
(※高齢の方、薬アレルギーのある方などには、鎮痛剤・鎮静剤を使用できない場合があります。)

■ 最新の内視鏡システムを導入し患者さんの負担を軽減

この度、当院はオリンパス社の最上位機種に位置づけられている内視鏡ビデオスコープシステムを導入致しました。新機種は、鮮明なハイビジョン画質と、繊細な手技を助ける新機能で観察性能と操作性能が大幅に向上したことが特徴です。通常の内視鏡検査では見つけにくいといわれる早期がんや特殊な進行がんの、より正確な診断・治療を支えてくれます。

<内視鏡ビデオスコープシステムの特長>
◎ハイビジョン画質を実現することで、病変部を詳細に観察できるだけでなく、病変部の周囲もより広く、クリアにとらえることが可能になりました。

◎画像強調観察機能「NBI」で、粘膜表層の血管が強調表示され、高精度な診断をサポートしてくれます。

◎「高伝達蛇管」という新構造を開発し、複雑に曲がった腸内を内視鏡がスムーズに進んでいけるようになりました。

◎検査時のスコープ挿入をよりスムーズに、より確かに行うための挿入支援システム「ScopeGuide」を導入しています。

【患者さんへのメリット】
①たくさんのX線に被曝することがなくなります
胃、大腸の精密検査にはバリウムを使った造影検査と内視鏡検査の2種類があります。造影検査は胃・大腸にバリウムと空気を入れコントラストをつけて写真を撮る検査です。有用な検査ですが、たくさんのX線に被曝するという欠点もあります。しかし、今回導入した新機種では観察性能の大幅な向上により、バリウムを使った造影検査をしなくてもよくなります。よって、被曝することなく安心して検査を受けることができます。

②スコープ挿入時の痛みを軽減します
大腸内視鏡検査後に「もう二度としたくない」などの感想をもたれる大きな理由の1つに、スコープを大腸に挿入した際、S状結腸や脾湾曲などの屈曲部にスコープが接触することで生じる苦痛があります。しかし、新機種ではすべての大腸スコープに「受動湾曲」「高伝達挿入部」「硬度可変」というオリンパス独自の3つの技術を標準搭載しており、屈曲部のスムーズな通過をサポートしています。これにより、内視鏡挿入時の痛みなどの負担が軽減されます。

③広視野角・高画質化によってより正確な検査を短時間で実施できます
新機種では、システム全体での高画質化を実現しただけでなく、従来の大腸スコープに比べ30°視野が広がり、170°の広視野角を実現しました。これにより広範囲を観察可能となり、壁に隠れた病変部の発見に威力を発揮します。また、ライトガイドの充実により視野の周辺域も明るく見えるため、スピーディーな観察が可能です。

④面倒な体位変換時の負担が減ります
当院では新機種のオプションとしてScopeGuideを導入しました。ScopeGuideはリアルタイムで3次元的な画像を抽出することが可能です。これにより、検査に携わる医療従事者も体位変換時の介助を的確に行うことができます。結果、患者さんの負担軽減につながります。

経鼻内視鏡

<経鼻内視鏡の特徴>

苦痛が少ない

吐き気がおきにくい

会話ができる

■ 経鼻内視鏡を充実させて患者さんの負担を軽減

極細径挿入部を採用し、先端部外径は5.4㎜です。
経鼻内視鏡は、従来の経口内視鏡(口から入れる胃カメラ)に比べ、口径が細く、鼻孔から挿入するため、検査中の咽頭反射(吐き気)が少なく、痛みも殆どありませんので、検査が楽に受けられます。
また大きな特徴として、検査中に医療スタッフとの会話が可能です。検査を受けている時も、患者さんの思いや状況を伝えられるので、精神的な不安も軽くなります。
そのため、従来の口からの胃カメラを受けたことのある方は、鼻から入れる細い胃カメラの方が楽だったとおっしゃる方が多いようです。
経鼻内視鏡をご希望の方は、主治医にご相談ください。

■ 二酸化炭素の送気装置を使用して患者さんの負担を軽減(大腸カメラのみ)

大腸カメラの苦痛の一つが検査中に大腸に入れた空気による張りです(大腸内を観察するには、ある程度空気を入れる必要があります。しかし、腸の奥まで入れた空気はなかなか排出されません。そのため検査後にお腹が張ることが多いです。長い人で数時間も膨満感で苦痛を感じられる方もいます。この苦痛を軽減するために当院では、二酸化炭素を送気する装置を導入しています。この装置から送気された炭酸ガスは空気に比べ生体吸収力に優れていることから拡張した管腔を速やかに収縮させ、患者さんの膨満感からくる苦痛を軽減させることができます。言い換えれば、よりスムーズで安全な検査の実施に貢献してくれる装置でもあります。

胃カメラ・消化器内視鏡検査の実施日・お問い合わせ

  検査実施日・お問い合わせ

■ 消化器内視鏡検査実施日

上部内視鏡検査 (午前)
八上柳生坂東 八上
八上 
北野(均)

下部内視鏡検査(午後)
北野(均) 
松下坂東八上

八上八上
柳生

※検査の実施には事前に予約が必要です。気になる症状のある方は、消化器専門医師にまずご相談下さい。

■ 内視鏡検査の予約・問い合わせについて
予約・問い合わせ窓口を設けました。まずは遠慮なくお電話ください。
【医療機関からのお問い合わせ】【個人でお問い合わせの方】で窓口が異なりますのでご注意ください。

医療機関からのお問い合わせの場合:(06)6932-0369(地域医療連携室直通)

急な患者様への対応やご紹介などご遠慮なくお電話下さい。

個人からのお問い合わせの場合:(06)6939-1121(代表)

特に症状がなくても何か困ったり相談したいことがありましたら遠慮なしにご来院下さい。

  内視鏡検査実績

上部・下部消化管内視鏡検査実績

検査の種類2014年度検査実績2015年度検査実績2016年度検査実績
上部消化管内視鏡検査【胃カメラ】1,628件1,727件1,717件
下部消化管内視鏡検査【大腸カメラ】
(ポリペクトミー・EMR)
551件
(152件)
528件
(133件)
546件
(162件)
ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査)21件28件26件
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術 胃)3件3件3件
胃ろう(PEG)造設33件38件31件

  日本消化器内視鏡学会指導施設

当院内視鏡室は下記の条件を満たしているため、日本消化器内視鏡学会指導施設に認定されています。

①内視鏡室が設置されていること
②専門医の教育に必要な各種内視鏡機器を備えていること
③週間検査件数が十分であること
④ 指導医1名以上が勤務、専門医2名以上が常務し、十分な教育体制がとられていること
⑤内視鏡検査室専属のコメディカルスタッフがいること
⑥病理部門が独立して存在するか、または病理診断を依頼することのできる病理専門
 施設が定まっていること。

  日本消化器病学会関連施設

当院消化器内科は下記の条件を満たしているため、日本消化器病学会関連施設に認定されています。

①消化器系病床として常時20床以上有すること。
②専門医1名が常勤していること。
③当該認定施設からの指導医が十分な指導体制がとれること。
 但し、原則として指導医1名に対し関連施設1ヵ所に限るものとする。
④研修カリキュラムに基づく研修が可能であること。