特色と取り組み
  • 救急外来
  • 専門外来のご案内
  • 緩和ケアへの取り組み
  • 人工透析
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • リハビリテーション
  • 訪問リハビリテーション
  • 健診・ドック インターネット予約
  • 消化器内視鏡検査
  • 64列マルチスライスCT
  • 1.5T MRIシステム
  • チーム医療
  • 看護部
  • 地域医療連携課
  • 社会貢献活動
救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
人工透析
特色と取り組み
  透析センター概要

東大阪病院では、昭和49年に人工透析を開始し、現在に至ります。
現在の北館透析センターは、外来透析40床と入院透析15床の規模の透析専門棟として平成14年に新築しました。
透析専門医師による診療のもと、地域の透析患者さんにご利用いただいております。
また、緊急透析、旅行中の臨時透析にも対応しています。
無料送迎車を完備し、患者さんの自宅から病院まで送迎いたします。
患者さん、ご家族に安心してご利用いただけますよう、透析技術認定士(看護師2名、臨床工学技士6名)8名が中心となって、スタッフ全員でサポートさせて頂きます。
私たちは患者さん・ご家族が、地域で安心して生活できることを第一に考えています。
これからも、地域のみなさまの生活に貢献するため、心身の機能向上にむけて、チーム医療の充実を図り、在宅復帰の支援に取り組んでいきます。

  透析センターの案内

外来透析時間

外来透析時間
午前(8:30~14:30)   
午前(9:00~15:00)   
午後(14:30~21:00)   

※年末年始、祝祭日も以上のスケジュールでおこなっています。

医師紹介

東大阪病院 腎臓内科/透析科部長

梅田 優(うめだ まさる)

■日本腎臓学会専門医・指導医
■日本透析医学会専門医・指導医
■日本泌尿器科学会専門医
■医学博士

東大阪病院 腎臓内科/透析科医長

岩村 浩志(いわむら ひろし)

■日本泌尿器科学会専門医・指導医
■日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡認定医
■日本内視鏡外科学会認定医

ベッド数

外来40床 各ベッドに液晶テレビを配置
入院15床

お申し込み・お問い合わせについて

見学及び、旅行者の方の人工透析のご相談も随時受付けております。

お問い合わせ先電話番:06-6939-1121(代)(9:00~17:00受付)
透析室担当までお気軽にご連絡ください。

  透析センターの特徴

急変時24時間対応可能

病院内にある透析室で、北館透析センターと東大阪病院本館と東館が、上空通路で連結しており、もしもの時の対応も迅速に行えます。

専門医療の充実

腎臓内科専門医による保存期腎不全~透析導入、維持透析まで一貫した治療を受けて頂けます。シャントトラブルに関しても、血管外科医によるシャント造設、PTA治療が自院で実施可能なので、安心して透析を受けて頂けます。

スペシャリストがいる安心

血液透析のスペシャリストとしての資格『透析技術認定士』を有するスタッフが8名在籍しています。そのスタッフが中心となり、専門知識や技術の向上はもちろん、患者さんが抱えている合併症を理解し、隠れている別の大きな疾患を早期に発見し、早い段階で治療に導くことができるように努めています。

清潔性

日本透析医学会の基準に則り、万全な管理の下『安全で清潔な』透析液を提供しています。

各科・各部門との連携

患者さんの合併症に合わせて、各種検査を受けて頂けます。1.5テスラMRI64列マルチCT最新型内視鏡システムなどの最新の医療機器を導入しています。

栄養指導の実施

管理栄養士による栄養指導を実施し、食事の面からも患者さんをサポートしています。

  送迎のご案内

通院透析の患者様を対象にドアtoドアで無料送迎をさせていただきます。

●送迎エリア・・・お気軽にご相談下さい

●使用車両・・・リフト付き車両2台
送迎車

  365日24時間 安心が隣にあります

透析センターの3階と東大阪病院の3階を渡り廊下でつなげることにより
緊急時の対応などをスムーズに行えるようにしています。
365日24時間、ご利用者様に安心していただける“見守り体制”を整備し、
安心して透析を受けていただけるように努めています。

64列マルチスライスCT

1.5TMRIシステム

  透析センターとしての災害対策

最悪の場合死者32万人に上ると見積もられている南海トラフ巨大地震を想定して、当院では緊急時の対応について検討しています。
透析室で必要な災害対策は次の5点です。

①ライフラインの確保
②RO、供給装置など機器の固定
③患者さんとの連絡方法の確立
④患者さん情報の管理
⑤実際の避難を想定した訓練

【活動内容】
災害訓練の様子施設内での対策、緊急離脱の基準の整備、各スタッフの役割分担、患者さんと施設間
での情報管理、定期的な想定訓練の実施、支援施設となった場合の対応などに取り
組んでいき、いつ発生するかわからない自然災害に対して、最善の対応ができるように
努めています。