救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
新着情報 - その他 -
2012/08/28
  2012年地域連携装具「あり方」セミナーを開催しました。

8月28日(火)19:00より有隣会本部大会議室にて2012年地域連携装具「あり方」セミナーを開催しました。

回復期・維持期病院の医療従事者、訪問リハビリテーションセラピスト、義肢・装具製作技能士など総勢92名が参加し盛況に開催されました。セミナーの内容は、地域連携を活かした装具療法のあり方、在宅における装具難民の救済を参加者の皆様とディスカッションするというもので、積極的な意見交換が行われました。

今後も、当院訪問リハビリテーション課は脳卒中患者、装具難民を救う一役になれるように努めて参ります。

■第一部
 【講演】 
 テーマ:装具療法のあり方と生活期における装具の問題点と課題

 講 師:西宮協立リハビリテーション病院  勝谷 将史 先生

■第二部  
 【シンポジウム】
 地域連携を活かした装具療法のあり方や在宅における装具難民の救済について