救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
新着情報 - その他 -
2017/06/22
  食中毒に気を付けましょう

梅雨と言えばジメジメした気候。気を付けたいのは『食中毒』です。
温度や湿度が高くなる梅雨は、細菌の繁殖に適した条件が揃っています。
だからこそ、普段当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を
引き起こすことがあります。
家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人数が少ないことから
風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず、
重症化することもあります。

食中毒予防の3原則は食中毒菌を

  『付けない、増やさない、やっつける』 です!!

家庭でできる食中毒予防の6つのポイントは
コチラ(厚生労働省食品安全情報)でご確認下さい。

これらのポイントをきちんと行い、家庭から食中毒をなくしましょう。
食中毒は簡単な予防方法をきちんと守れば予防できます。
それでも、もし、お腹が痛くなったり、下痢や気持ち悪さなどがある場合は
かかりつけ医に相談しましょう。