救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
新着情報 - その他 -
2015/12/18
  感染性胃腸炎(ノロウイルスを含む)について

この冬は、ノロウイルスをはじめとする感染性胃腸炎が流行しています。

11月に入り急増していますのでご注意下さい。

ノロウイルスは感染力が強く、集団感染するおそれがあります。
抵抗力が弱い高齢者や乳幼児に感染が疑われる場合は、
早めにお近くの医療機関を受診して下さい。

【ノロウイルスに感染すると現れる症状】
下痢、嘔吐、腹痛、発熱(37~38℃) など
※潜伏期間は12~48時間で、発症後おそよ2、3日で軽快します。

【予防方法】
◉調理する・食べる前には石けんでしっかり手洗いをしましょう。
◉食品は中心温度85度で1分以上加熱をしましょう。
◉アルコール消毒は効果がありません。0.02%の台所用漂白剤(次亜塩素酸)
を使って、食器や器具の消毒をしましょう。

大阪市におけるノロウイルス等による感染性胃腸炎の発生状況は
こちらよりご確認下さい。