救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
新着情報 - その他 -
2015/12/16
  人間ドックに新しいセットを設けました。

人間ドックに新しいセット 『骨盤腔セット(骨盤腔MRI)』 を設けました。

骨盤腔セット(骨盤腔MRI)とは?

MRIは核磁気共鳴画像法と呼ばれる画像検査です。核磁気共鳴画像法は英語でMagnetic Resonance Imagingですので、その頭文字をとってMRIと呼ばれています。 強い磁場のなかで身体に電磁波を当てることで、身体の中の水素原子(プロトン)が特定の周波数に共鳴するという現象を利用し、画像を作り出す技術です。
骨盤部MRIでは、お臍のあたり〜股あたりまでの間の高さの範囲を撮影します。 女性の場合は主に子宮、卵巣、膀胱、直腸など男性の場合は主に前立腺、精嚢、膀胱、直腸、リンパ節などを調べることができます。
特に子宮、卵巣の詳しい評価、前立腺癌の有無の確認、直腸癌の病期診断などはMRIの得意とするところです。

現在、当院人間ドック・健診センターのコースには下記のようなメニューがあります。

medicalcheckup content

各コースの詳しい内容などについてはこちらをご覧ください。