救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
新着情報 - その他 -
2018/05/07
  熱中症について

①2月23日に発表された暖候期予報、
続いて4月25日に3ヶ月予報が発表され、
5月3日に1ヶ月予報が発表されました。
それらの予報によると、
今年の夏(6月~8月)は高気圧に覆われやすく、
全国的に平年より気温が高くなる予想です。
最高気温が35℃を超える猛暑日も多くなる見通しとのこと。

ということは、熱中症の発生も多くなると予想できます。

「私は大丈夫!」と思われがちですが、そこが熱中症の怖いところ。
いつ!誰が!どこで!熱中症になってもおかしくありません。
みなさん、十分気を付けましょう。

熱中症の予防法についてお知らせします。

①規則正しい生活で、体調を整えましょう。
十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけて下さい。

②直射日光を避けましょう。
日傘、帽子、長袖の服などで直射日光を避けて下さい。

②③服装を工夫しましょう。
ゆったりしたデザイン、明るい色、木綿や麻素材を積極的に
取り入れて下さい。

④汗をかいたら小まめに水分と塩分を補給をしましょう。
スポーツドリンクや塩の入った水などを小まめに飲んでください。

 

それでも熱中症になってしまったら・・・

熱中症の対処法についてお知らせします。

①涼しい場所で休みましょう
衣類をゆるめて楽にします。

②水分と塩分を補給しましょう
スポーツドリンクなどを少しずつ何回かにわけて飲みましょう。

③体温を下げましょう
首の横、わきの下、太もものつけ根 などを冷やすと効果的です。

③

こんなときはすぐ救急車!!

●自分で水分を摂れない

●意識がない

 

症状が回復しても注意が必要です!
再発する恐れがあります。

熱中症を甘くみてはいけません。