救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
回復期リハビリテーション病棟
2013/10/31
  回復期リハビリテーション病棟での一日の流れ
時 間内 容
7:00起床
8:00朝食:お部屋ではなく食堂で食事をすることもリハビリの1つと考えています。患者様同士のお話をする場や朝の身支度をする機会としています。
9:00言語聴覚士によるリハビリ
10:00入浴:必要に応じて療法士が浴室まで一緒に入り評価して、入浴方法の検討、今後の練習目標設定をします。
11:00医師による回診
12:00昼食:言語聴覚士が実際の食事場面を見て、ムセがないか等評価させて頂きます。必要に応じ、飲み込みの検査を行います。
13:00作業療法士によるリハビリ
14:00病棟訓練:患者様の能力を最大限に引き出す最善の介助方法を病棟と連携し、生活の場で歩く訓練をしていただくことも可能です。
15:00理学療法士によるリハビリ
17:00余暇活動:空き時間はスタッフが提案した、趣味活動などで自由に過ごして頂けます。
18:00夕食
21:00就寝

◆病棟でも、担当者以外の療法士、看護師、患者様との交流があります。
お部屋にひきこもらず、外へ出る機会を入院中から作っていきます。

※医師・看護師のケアも十分に行わせていただきます。
※一日の運動量は、リハビリの進み具合や、体調に合わせ設定しています。