救急外来のご案内
連携医療機関のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
回復期リハビリテーション病棟
2013/10/31
  誰でも回復期リハビリテーション病棟に入院できるのか?

回復期リハビリテーション病棟では、病名と病気・怪我を発症してから入院するまでの期間が決められています。たとえば対象となる疾患として、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、大腿骨頚部骨折、脊髄損傷、頭部外傷、肺炎や外科手術の治療時の安静による廃用症候群などがあり、発症または手術後「2カ月以内」、股関節、膝関節の神経や筋、靱帯損傷後は「1ヶ月以内」などです。
まずは、現在入院中の病院の主治医やソーシャルワーカーにご相談ください。