救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
臨床指標
2016/09/24
  6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 109 1.24 1.99 0.00% 69.94
K664 内視鏡的胆道ステント留置術 33 55.94 51.06 42.42% 83.27
K688 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 4.24 16.05 0.00% 86.00
定義
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様が対象です。
DPC対象病棟(本館3階、4階)に入院された患者様を対象としており、DPC対象病棟から他病棟(障害者病棟、回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟)へ転棟した患者様も含みます。
手術方式の点数表コード(Kコード)によって集計しています。
10症例以上を集計対象とし、1入院中で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
解説
内科では、ポリープ切除術以外でも胆管炎等に有効である内視鏡的胆道ステント留置術も積極的に行っています。
外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 13 0.62 3.69 0.00% 60.85
解説
平成27年度は、外科の常勤医が1人体制の期間が長く、症例数が減少致しましたが、平成28年度では常勤医の2人体制として症例数が増加する見込みです。
最近では大腸がんの手術を中心に症例数が増加しています。
整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0811 人工骨頭挿入術(股)(肩) 31 9.23 66.48 9.68% 80.35
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 27 4.85 60.15 11.11% 78.30
K0821 人工関節置換術(肩)(股)(膝) 16 2.94 44.00 0.00% 67.88
解説
骨折手術を多数行っており、中でも高齢者の方に多い大腿骨骨折の手術件数を多く行っています。継続してリハビリが必要な患者様は、併設の回復期リハビリテーション病棟へ転床し治療致しますので、術後の日数が長期となっています。
透析科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 16 1.19 1.06 0.00% 68.00
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 12 72.58 75.50 16.67% 76.17
解説
腎臓内科では、透析治療に利用するシャントのトラブルや設置の手術の他にも、透析患者様に定期的な検査を実施することで発見される大腸ポリープの切除にも件数が増えてきています。