救急外来のご案内
東大阪病院の人間ドック・健診のご案内
緩和ケア(外来・病棟)
回復期リハビリテーション病棟
膝関節・股関節 専門外来
リウマチ・骨粗鬆症 外来
リハビリテーション・訪問リハビリテーション
痛くない 胃カメラ・大腸 カメラ/消化器内視鏡検査
人工透析について
医師 求人・採用案内
臨床指標
2016/09/24
  2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 190 23.24 14.34 4.74% 77.18
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 115 47.16 21.69 14.78% 84.74
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 111 2.23 2.93 0.00% 68.99
定義
平成27年4月~平成28年3月に退院された患者様を対象にDPCコードの上位3例を診療科別に掲載しています。
在院日数は、当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外の病棟も含む)
解説
肺炎症例が最も多くなっています。次いで、誤嚥性肺炎では平均年齢が84歳と高齢者に多い疾患であり、平均在院日数も長くなっています。
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病 なし 13 5.31 5.14 0.00% 60.85
解説
平成27年度は、外科の常勤医が1人体制の期間が長く、症例数が減少致しましたが、平成28年度では常勤医の2人体制として症例数が増加する見込みです。
最近では大腸がんの手術を中心に症例数が増加しています。
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 70.66 28.70 9.09% 81.25
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 39 55.36 21.52 7.69% 79.36
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 13 19.92 5.70 0.00% 61.46
解説
高齢者に多くみられる大腿骨骨折の症例が多くなっています。
当院は急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟を有していますが、骨粗鬆症や他の慢性疾患をベースにした骨折の患者様も多く、手術治療後、リハビリが必要な患者様は回復期リハビリテーション病棟で転棟しリハビリを行い、出来る限り早期に社会復帰へとつなげていけるように努力しております。
全国の平均在院日数と比べ当院が長期となっているのは他院へ転院せずリハビリ治療を行うからです。
透析科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 45.35 13.64 9.30% 73.21
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 17 25.12 15.39 5.88% 68.88
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 15 2.73 2.76 0.00% 68.73
解説
透析科では、慢性腎臓病(CKD)から透析までの診療を行っています。
早期から腎臓病治療に介入できるよう、地域の先生方との連携をより深めながら、診療体制を充実させています。
当院では人工透析とリハビリが同時に行えることが特徴ですので、全国の平均在院日数より長く入院される患者さんもいらっしゃいます。